Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どもども。前回のお題では見事に私だけ空気を読まずににストレートに書いてしまいました、てへへ。というわけで、今回はなるべく軽妙な語り口で書いちゃいます。なんといってもワシの文体は108式まであなんでもありません。

良いのか悪いのかは分かりませんので、なるべくいつも通りに書くことにします。さてさて、今回のお題「今のサイトを作った理由」。この話をしましょう。私はね、とあるサイトにすごく憧れていたんです。

そのサイトの名を「ネギま!で遊ぶ」という。

マガジンに今も好評連載中の「魔法先生ネギま!」のファンサイトです(今は活動停止中)。
ちなみにURLはこちら>http://t3303.ifdef.jp/negima.html

2005年にもっとも勢いのあったネギまファンサイトだったと思っています。毎週書き下ろされる鋭い考察、新たな視点をもたらしてくれる文章に出会える事は至福であり、毎週「ネギま!」を読みネギま!で遊ぶの記事を読んだ後、そして再び「ネギま!」を読む(笑)。これが毎週の楽しみでした。

さて、少し話を変えてちょっと小難しい話をします。

世の中には色々な学問があります。数学やら天文学やら心理学やら、多種に渡っています。その学問の中の一つに「認知心理学」というものがあります。その認知心理学では人間の頭の中には「認知構造」っていうものがあると考えられてて、その構造によって一見同じ情報でも得られる情報は全く変わってくるといわれています(浅学ですので、あまり厳しいツッコミは勘弁(笑))。

まぁ、例を挙げれば車のボンネットがそう。車の技術者は車のボンネットを開けて、中を確認するだけで車の状態を把握することができます。けど、小学生なんかは例え車のボンネットを開けても車の状態などは分からないでしょう。じゃあ、小学生と車の技術者の違いって何?というと「認知構造」が違うから、となります。

つまり、その人の知識の量(認知構造)によって、何が分かるかは全然違ってくるんです。

それは「ネギま!」の読み方でもどんな物事でも、もちろん一緒。そして、「ネギま!で遊ぶ」の記事は自分の知識をガシガシ打ち壊し、ドンドン新しいものに作り変える。そんなパワーに溢れる記事だったと思います。また、そうやって自分の中の考えが新しく組みかえられていくことは、とても気持ちが良かったのです。

この自分の考えが組みかわっていく喜び……つまり「新たな視点」を得られる快感が、後々の自分のサイト作りの根本的な動機だったのだろうと思います。今のブログ、「アセティック・シルバー」はそういった「新しい視点を自分も他人に提供できたらいいなぁ……(〃ノωノ) キャッ」という想いの元に作られたブログです。

ただそれはとても難しいことで、そして実は自分を試す行為でもあります。

例えばネギま!で「こういう読み方すると面白い」って事を伝えたいと思って、ブログに記事を書いたとしましょう。『今週はこういう読み方ができるね、実は明日菜の鈴は除夜の鐘だったんだよって考えられるんじゃない?』と書いたとしましょうとも。ええ。

そして、自分の書いたこの記事を最高に面白いと思っていたとしましょう。
自分ではどっからどうみても面白いんです。

でもね。

その内容が本当に面白いかどうかを決めるのは自分じゃない。
いつだってその記事を読んだ他の人なんです。

自分が最高に面白い話だと思って書いたとしても、他の人にとっては全然面白くもなんともない記事である可能性は、決してゼロじゃない。むしろ、書き手のレベルが低ければ低いほど、その可能性は高くなる。もちろん「面白い!」と言ってくれる人は中には居るでしょうとも。でもそれは多くの人間に本当に面白いのかどうか試されて、その上でなおかつ大多数が「面白いよ」と認めてくれない限りは、ホンモノじゃないんです。

漫画なんかは分かりやすい例ですよね。アマチュア作家が自分の中で「傑作だ!」と思い、周囲の人間に見せても「これ、面白いよ!」と言ってくれたとしましょう。ところが実際に雑誌社に持ち込み、漫画の専門家たる編集者に見せたところ『なんだこの作品は。ちっとも面白くない。そうか、お前はウ○コだ。いや、ウン○だ。それともウコンなのか?』と、言われたり……。(別に体験談とかではない)
逆に作家本人は面白くない、と思っていても読者からは大反響という事だってあるでしょう。

面白いものは、中身が良いから大勢の人が「面白い」と認めるんじゃない。
「面白い」と大勢の人たちが認めるから、中身が良いと言えるんです。

第一回のお題の記事にて「ネットの情報は常に選別させられているのだ。」と書きました。実はそれだけじゃなくて、ネット上の記事は全世界の大勢の目に晒され、そして多くの人達に常に試されています。

試され続け、評価され続け、その上で多くの人間から「面白い!」といわれていたサイト……。
それが私にとって『ネギま!で遊ぶ』というサイトなんです。
 
なので、私にとってはある種の理想。
でも、理想ばかり見てると理想を抱いて溺なんでもありません。

ただ、ネットでは記事(ページ)が人に見られる条件は「リンクを張られる事」である以上、サイト主との関係性が大事になってくる訳で。大勢の人に常に見られる広告の仕方やら色々絡んでくるので、単純化したこの話がネットの真実だとは思いません。ネットはそんなに単純じゃないっす。カオスですよカオス。
これは一つのものの見方、という事です。

省みて、自分のブログを見てみると、日に100ヒットという実にしょっぱい状況なので、どうやら道のりは遠そうです。まだまだ僕の書くことは面白くないらしいぜ、ネットの住民にとっては……。もっと研鑽を積まないと、認めてもらえないみたい。

今日も理想を目指して勉強する次第でありますよ。
私の記事でみなさんの「認知構造」が変化することを願って。
スポンサーサイト
学生時代の私って、数学の問題を解いているときが楽しくて仕方なかったんですよ。中学とか高校って、教科書と一緒に問題集もついてくるじゃないですか。その問題集を解くのが好きだったんですよ。でも、家で勉強するような性格でもなかったので、解くのは授業中なんですよね。だから、中高と数学の授業だけはほとんど聞いてません。

でも、これが意外と理にかなってたんじゃないかって今は思うんです。授業を聞いていると公式を覚えてそれを使う問題を解くって順番じゃないですか。でも、私の場合はまず問題があるんです。今までの知識で解けちゃうものもあれば、新しい公式を覚えないと解けない問題もあるのですが、「なんじゃこりゃあ。全然わからねーよ」って悩んだ挙句に公式の存在を知るわけですよ。時にはやたら遠回りにめんどくさい方法で解いた問題が、新しい公式を使えば簡単に解けたり。そんなのを知ったときにはもう感激。こうやって出会った解法は忘れることもなく、また既存の知識で新しい問題に挑んでばかりいたのでそれまでの知識の限界も把握できるという非常に良い勉強をしていたんだなって、今更ながら思ってます。

そんなこんなで大学は数学科に進んだのですが、早いうちに挫折しちゃいました。だって、問題集がないんですよw 授業聞いてもサッパリ頭に入ってきません。きっと数学の本質よりも、問題を解くことにしか興味のなかった人間だったのでしょう。でも、いいんです。もともとコンピュータ寄りのこともできると知って、ここの学科に入ってきたので。

それでも高校生当時は井の中の蛙ながらも数学には絶対の自信を持っていたんですよ。でも、数学じゃあ食っていけないなと思って、大学行ったらコンピュータいじろうって思ってました。当時からプログラマになりたいって強く思っていたし。理由までははっきり覚えてないけどね。きっと小さい頃からパソコンがあったし、ベーマガ片手にプログラムいじって遊んでたのが楽しかったんだろうな。

高校の友人が情報系の学科に進んだこともあって「今日こんなことやったぜ」と毎晩電話で報告されるたびに負けてたまるかって思ってた。4月の後半にアカウントをもらってからは講義の合間に情報のテキストをすすめて、すぐにGW前にはサイトをオープンさせたっけ。その頃は、UNIXの知識もほとんどなく、日本語入力の方法も知らなくて、本当にテキストどおりに作ったって感じのサイトだったよ。こんなのを見てなつかしく思う人はいるかな?

Welcome to MANAME's HomePage!!

 What's New
 Profile
 Diary
 Links

当時はこんな感じのサイトばかりで、私も何も考えずにこんなサイトを作った。でも、サイト作成は講義の終盤でやる内容だったせいか、私がその大学の同学年のうちでは最初にサイトを公開した人だったそうです。その大学のコンピュータ管理者のサイトに、紹介文と共にリンクされているのを見たときは凄くうれしかったな。あれがその後の更新のモチベーションだったと言われても否定できないね。最初の開設からニュースサイトのお世話になっていたんだなって思うと、今自分でニュースサイトをやっているのも何かの縁なのでしょう。

で、なんだっけ。そうそう、今回のお題は「今のサイトを作った理由」だったね。最初は、単に講義の予習で作ったんですよ。好きなことは教わる前に自分で実践する派なので。あとは負けん気の強さかな。その友人に負けないよう講義で教わらない部分は全部独学したし。こんな感じで、私にとってのインターネットとは、メールよりもネットサーフィンよりも日本語入力を覚えるよりも前にサイトを作ることから始まっているのです。

まずは実践して、
足らざるを知り、
必要なものを見つけ、
自分のものとする。
その繰り返し。

そこに細かい理由なんて存在しません。
好きなものの前では、誰もがジョージ・マロリーになるのです。
第二回目のお題はMOON CHRONICLEのミルトさんより「今のサイトを作った理由」。何かを得るためにサイトを作ったという点では、お題一回目である「サイトをやって得たもの」と被るんですけども。


「最終防衛ライン」名義でサイトを作ったのはdionが最初でして、はてなダイアリーは2代目なので「最終防衛ライン2」と名乗ってます。
はてなに移行後、dion側を「最終防衛ライン1.5」と微妙に改名。その理由は、功殻機動隊1.5が発売されたから。第一回目のお題に続き、どんだけ功殻好きなんだ俺。



◆「何かを語りたい」衝動
何か新しいものを生み出すにはエネルギーが要るものです。日々記事を書いてますが、やっぱり勢いって大事です。そして、それは新たにサイトを作るときにも言えること。サイトを作るのはエネルギッシュなことで、内からあふれ出る抑えきれない衝動でもない限り作れないんじゃないか。少なくとも私はそうだ。
「最終防衛ライン」は抑えきれない衝動という勢いで生まれたサイトです。さて、衝動とは何か。私の場合は、「自分の中に眠るオタク的ネタを不特定多数に語りたい」というものでした。サイトを開設する以前にもネットを彷徨いながら、語りたい!とは思ってましたが、開設するまでには至らず。その理由は、語る方法が分からなかったから。「最終防衛ライン 20021228」にも書いてますが、ずっと語りたいと思っていた矢先に、「萌えミシュランのabout」を見て、こんな語り口もあるのだなと気が付いた。そして、「語りたい」という衝動が、とうとうサイトとして具現化してしまったのだ。


◆サイトで語るということ
さて、「語りたい」からとはいうものの、何故「語りたい」のか。それはやっぱり誰かに読んで欲しいから。つまり、自分自身を知って欲しいから。で、誰に知って欲しいのかと言えば、自分と似た嗜好、思考、指向の人。また、そういう人を見つけたい。これが、「語りたい」本当の理由なのでしょう。つまり、それがサイトを作った理由でもある。まさに、「僕がコメントにレスしない理由」で語られるように『ネットっていうのは、「他人を説得するためのツール」ではなくて、「もともと共感できる可能性がある人を引き寄せるためのツール」』なのだ。

自分と似た嗜好、思考、指向の人を見つけたいので更新を続けた。最初は、分かる人だけに分かば良く、また文章構成力もなかったので長い文章を書けずに短文形式だった。

これからもそれを得たいし、得続けたい」でも言われてますが、自分で文章を書くようになると、人の書いた文章を熱心に読むようになる。すると、徐々に文章の書き方が分かってくる。また、☆YAS!☆さんがいうように「ブログって、ネットという海の中にボトルレターを放り込む作業」である。誰が拾うか分からないし、拾われる確率も低い。拾われる確率が低いならば、分かってもらえる確率を高めた方が良い。故に、広く分かるように書きはじめる。分かりやすく書くようになると、自ずと文章が長くなる。それが今に至る、長文書きの理由。その結果、自分と似た嗜好、思考、指向の人を見つけることができたと思います。そしてまた、「そこにいるから」で語られるように、「私の意見を理解し私とは違う意見を提示してくれる人、私には思いつかないような意見を述べてくれる人の存在」も得ることができた。


◆「今」の「場」を選んだ理由
さて、「自分と似た嗜好、思考、指向の人を見つけるため」に「サイト」を開設したのは確かなんだけども、どうして今の場所でかつ、このようなスタイルを、つまり「今の場」を選んだ理由を言わないと、「今」のサイトを作った理由の答えにならない。
ネット暦自体は10年弱で、これまでにも色々なサイトで交流していましたが、それらとは一線を画したかった。その理由は、これまでの場所を足がかりにすると、これまでに形成した「自分」を元にサイトが作られてしまうから。新たに「自分と似た嗜好、思考、指向の人を見つけるため」には、全くのゼロから構築した方が都合が良いと考えた。だから、「最終防衛ライン」というサイト名だけ考えて、HNを考えなかったのですよ。その場に自分自身がいるので、自分のHNを考える必要が無かったから。

ただ、にゃあさんが「サイトをやって得たもの」で言うように、個性ってのは勝手に滲み出るものですが。

dionから「はてな」に移行したのは、単純に更新がブログのほうが楽そうだったから。はてなアンテナや人力検索にも顔を出し、「はてな」自体に興味があったのと、キーワードも面白そうだった。まぁ、最大の理由は2003年当事に、無料で簡単なブログっぽいサービスが無かったからですけども。また、「ブログって、ネットという海の中にボトルレターを放り込む作業」で、ブログのほうがボトルレターを拾われる確率の方が高そうってのもある。
その後は、個人ニュースサイト的な事をやりつつ、ニュースを紹介するよりも、それを加工し自分の意見を述べた方が面白いし、反応もあったので現在のスタイルとなりました。恐らく、今後も徐々に更新スタイルが変化していくんじゃないかなと思います。


◆最後に
長いのでさらっと書くと、「自分と似た嗜好、思考、指向の人を見つけるため」の「場」としてサイトを作り、全く新しく始めたのはこれまでの「自分」と決別するため。「はてな」にやってきたのは「自分と似た嗜好、思考、指向の人」に見つかる確率を高めるため、というわけ。
ところで、萌えミちゃんはもうabout書いてくれないのかなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。