Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どうもどうも。あのですね。僕は、某ドラッグストアのレジ打ちのアルバイトをやっているんですよ。週4日のなかなか大変なアルバイトでございますよ。何時間も商品のバーコードをスキャンしては「299円~。」とかのたまう生活ですよ。あまりにも単調なモンですから、ハゲたオッサンの客とか来ると思わず「お前のバーコードをスキャンしてやろうか!!」と言ってしまいそうになります。ひゅう。危ない危ない。

それくらい単調でストレスのたまるアルバイト。つい間違いを犯したりもします。先日「こちら5200円のお返しとレシートでございます」と言うべき所を、「こちら5200円のレシートでございます」と言ってしまいました。流石にお金はくれませんでした、まる。

さて、今回は「各々が選ぶ3冊(何でも可)」という、『無差別級バトルロイヤル・生き残るのは俺だ☆』的なお題なわけですが、なかなか選ぶのに苦労しそうです。適当に3冊選ぶのも良いかなとも思ったのですが、それではあまりに芸がない。というわけで「コミュニケーション」というテーマにそって3冊紹介いたします。

・「コミュニケーション不全症候群」中島梓
・「コミュニケーション力」斎藤孝
・「自分を知るための『哲学入門』」竹田青嗣

・「コミュニケーション不全症候群」中島梓

さて、いきなりですが名著だと僕は確信しております。ていうか、これ読み終わったの5月8日です。明らかに締め切り守れてません。ごめんなさい白球さん。でもこの本はホントにすごい本ですよ。中島梓と言って聞き覚えが無い人でも、もしかしたら栗本薫と言えば分かるかもしれませんね。そう、中島梓とは小説家栗本薫の、批評家としての名前なのです!驚嘆すべきは、この本が10年以上も昔に書かれていた本だということ。しかしその内容は、今でも十分に通用するほど射程が深い。この本はコミュニケーションの手段を勉強する人にとっては限りなく不向きな無いようです。なぜならばこの本の内容は現代社会分析だから。

オタクの行動の深層には何があるのか?という分析から入り、ダイエットについての問題。(ここが衝撃的にすばらしい分析!)。ついで「やおい」を志向する少女たちを自身の経験に基づいて分析していきます。いや、ここまで鮮やかに現代社会を分析した本なかなかお目にかかれないと思います。読み終わったばかりで、いまひとつ整理しきれてない部分が多すぎるのですが、読んで後悔はしないと断言できる内容。まぢおススメです。

・「コミュニケーション力」斎藤孝

さて「コミュニケーション不全症候群」を絶賛したところで、「コミュニケーション自体のやりかたとかを分析した本は無いの?」という声が聞こえて来そうなものです。いや、現代社会分析も面白いんだぜってそれはいいや。ここで紹介したいのが斎藤孝のこの「コミュニケーション力」という本。

誰かとコミュニケーションする技術はこの本に集約されていると言って良いのではないかと思う。斎藤孝の本は大量にあるけれども、基本的にどの本も水準が高くてハズレが少ないのが良いところです。「なんか知らんけど上手く人と話せない」とかそういう人には特にうってつけの本かもしれませんね。けど、そんなことに悩んでない人でもぜひ読んでみて欲しい本です。目から鱗な斎藤孝独自の技術がたくさん載っています。

ところで、斎藤孝の本は「どれを読んでもハズレがない」反面、「どれを読んでも同じ内容」というのが特徴だったりします(笑)。しかし、これが斎藤孝のすごいところでもあります。どんな文脈でも彼には「身体論」が基調低音として流れていて、とくに「呼吸」についての知識がすべての基本となっています。斎藤孝の本に手を出したいと思った人にはそこを踏まえて「呼吸」について斉藤孝が書いた本である「呼吸入門」もあわせておススメです。ただ、内容のわりに高いので、ちょっと買いづらいかも(笑)。

・「自分を知るための『哲学入門』」竹田青嗣

さて、現代社会の構造もわかったしコミュニケーションの技術も分かったという所で、自分を知らなければどうしようもありません。そこで自分って何だろう?と思った所で哲学を勉強しよう、と思った人向けの本。哲学というと拒否反応を起こす人はかなり多いのですけれども、この本は哲学書のなかでは理解しやすい本になっています。

一冊で哲学の歴史をざっと概観できるのも良い点ですし、何より著者の竹田青嗣さんの体験談――つまり「どうやって自分を知ったのか」という話――が非常に面白くて教訓になる。ただし、読みこなすのは結構骨です。疲れます。哲学が嫌だ、という人は脳科学の本に手を出してみるのもおススメですね。(最近は脳科学と哲学はかなり近しい存在になりつつあるようです。)



ということで、簡単にではありますが3冊ほどチョイスさせていただきました。
といっても、僕が読んだことの有る本の数なんて、たかが知れてるのであんましアテにしない方がいいです(爆)

でも、この3冊はおすすめです。是非ともどうぞ。




コミュニケーション不全症候群 コミュニケーション不全症候群
中島 梓 (1995/12)
筑摩書房

この商品の詳細を見る


コミュニケーション力 コミュニケーション力
斎藤 孝 (2004/10)
岩波書店

この商品の詳細を見る


自分を知るための哲学入門 自分を知るための哲学入門
竹田 青嗣 (1993/12)
筑摩書房

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
どうして日本ではお金に関する教育がないのだろう。学校でも、会社でも。日常生活ですらお金の話は“いやらしい”と嫌われる始末。それでいて、誰もが興味持っていて耳を傾ける。でも、知識がないから難しい話は理解できず、宝くじのような一攫千金に夢を託してしまう。本当にそれで良いのだろうか。

学生時代、教わらないものは学ばないという受け身体質だった私も、このような知識には興味もなかった。しかし、会社に入ってみれば自分の会社の決算も読めないことってかなりヤバイことなんじゃないかって思うようになって、一刻も早く社会人として最低限の知識を付けなくてはと焦ってMBAの研修に申し込んだ。しかし、前提知識も無しで受講するには敷居高く感じたため、まずは本を読んで知識をつけようと思っていたところ、たまたま友人が株をやるための知識を身に付けるために本を次々と読み漁っていたのを見て、負けん気だけは強い私は、俺も読むぜ!と、本を読み漁ったのである。

そんな中で私が出会った本の中から、これは絶対読んでおくべきだと思った本を紹介する。どの本も非常に分かりやすく基本の詰まった本なので、導入に最適だと思う。


1.会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編(天野 敦之)
会計のことが面白いほどわかる本 会計の基本の基本編


まずは会計の本。通称“ウサギさん”。就職を希望する学生に一番人気のある資格は簿記というのは、やはり現場で使える資格だからか。簿記の資格を取るだけなら対策テキストで十分だが、資格を取ることよりも知識を身に付けることの方が大事。人生の通知表でもある財務諸表は読めるようにしておきたい。ちなみに、基本編を読んだら理解編も避けて通れない道。


2.試験攻略 経済学入門塾〈1〉マクロ編(石川 秀樹)
試験攻略 経済学入門塾〈1〉マクロ編


次は経済学の本。知る人ぞ知る公務員試験向けの神問題集。このテキスト以上に分かりやすい本はないと思っているので、例え問題集でも、本として薦めるのに十分に値すると思う。難点は、2000年に出た本ゆえ新刊での入手はちょっと難しいことくらいかな。この問題集は5冊セットだが、マクロ編とミクロ編を読めば大丈夫だろう。実は、私自身この2冊しか読んでないので3冊目以降を紹介できないだけなのだが…。会計を知ることで経済のニュースが分かる。経済を知ることで会計がさらに分かるようになるだろう。


3.投資戦略の発想法(木村 剛)
投資戦略の発想法


最後に投資の本。会計・経済で世間がわかってきたら投資は実践の場となるが、ギャンブルと勘違いしないようまずは投資と向かい合う基本的な考え方を知っておくべき。投資に関する本は良書が多過ぎて紹介しきれないが、最初に読む一冊としたらどれだろうかと考えたら、この本だと思った。実際、私も最初に手に取った一冊がこの本だった。もちろん、私は投資をやれとかそういうことは全く思っていないので実践の本ではないが、最低限必要な知識や考え方が詰まっていると思う。さらに、金持ち父さん貧乏父さんという本も有名なので、興味がある方はこちらも読んでみてはどうだろうか。


3冊とうたいつつも実質6冊紹介したけれど、知識を付けるための読書というものは、一冊読んだらその中で自分の興味を持ったことについてさらに知識を高めようと、次々と新しい本を手にとってしまうもの。特に投資関連の本には、文中あるいは巻末に気になるタイトルがずらずら並んでいるので、満足いくまで読み続けようとしたら1年くらいかかってしまうかもしれない。しかし、それだけ時間をかけて身に付ける価値のある知識だと私は思う。

また、本を読むときに一つだけ注意して欲しいことがある。それはどんなに素晴らしい本でも鵜呑みに信じないことだ。ブログを読むのと同じで、良いと思った部分を自分に合う形で取り込み、違うと思ったことをどうして違うか考えるくらいでちょうどいい。こういう考えで本を読むと、少しぐらい悪い本を手にとっても反面教師にすることができ、十分に自分のためになる。私が、あるいは多くの人が薦めている本が合わなくても、それはそれで自分のこやしにできる読書力をつけて欲しい。

最後に、私が読んだことのある本をコチラにまとめておく。アナタの評価と異なることもあるかもしれないが、何かの参考になれば幸いだ。
3回目のお題は青ひげノートのテラシィさんからより、"あなたの選ぶ「この3冊」"だそうです。
どの3冊にしようか悩んだあげく、「ネットの醍醐味を認識した3冊」をご紹介。


1.ねないこだれだ: せな けいこ から共感の喜びを


先ずは、最終防衛ライン2のプロフィール画像に使わせ頂いている、絵本の「ねないこだれだ」から。絵本なんで、初見は子供の頃。記憶にあるのは幼稚園くらい。内容は、夜更かししてるとおばけに連れて行かれるという、小さい子が読んだらトラウマになりかねない話。実際僕も、これ読んで大層怖がりになった気がする。せな けいこの絵本はちぎり絵で、そのちぎり絵がさらに怖さを倍増させている。そのため、強烈な印象を受けた絵本の一つである。

大人になり、「ねないこだれだ」の存在が記憶の片隅になった頃ネットを彷徨っていると、ふたば☆ちゃんねるの「ねないこ だれだ」まとめを発見。ふたばで流行った理由は、元々夜更かしな住人を揶揄する意味で貼られたのが受けたからだろう。皆が子供の頃に読んでいたわけではないだろうが、一部の人は僕と同じく面白さと同時に懐かしさを感じたからこそ広まったのではないだろうか。
ふたば以外にも、あさめぐらふ ねないこ だれだ の ばりえいしょんや、Wikipediaによる「ねないこだれだ」の解説、みんなのうたもどきである「おやすみのうた(全曲はmuzie:快楽音楽堂に)」にも ねないこおばけ が登場しますが、僕以外にも「ねないこだれだ」を愛している人がいることが、そしてそれを知ることができたのが嬉しかった。この不特定多数の人と共感できることはネットの醍醐味のひとつじゃないかなと思います。

ちなみに、せな けいこの作品はどれも好きで、他にも「いやだいやだ」、「あーんあん」等、どれも良いので一度本屋などで手にとって見てください。


2.攻殻機動隊: 士郎 正宗 から情報の取り扱いを


1回目、2回目のお題にに続き再三登場の功殻機動隊。今でも、京レに入って熱光学迷彩を開発したいなと思っております。
功殻といえばアクションが目立ちますが、肝は情報戦。功殻の面白さはこの「情報」の取り扱いだろう。
情報を手に入れるために攻性防壁をかいくぐる。情報は最新のものであることが望まれ、そして常に真偽が付きまとう。これは、ネットでも言えることである。情報の裏は取らなければならない。さらに、情報を手に入れてもそれをどう取り扱うかも重要である。その情報を運用していくのがネットやサイトの面白さだ。功殻では殆どの人々が電脳化しているので、現代よりもネットと自身が近い。これにより、ネットの面白がより直接的に伝わってくるんじゃないかな。そして、今後功殻ほどではないにしても、益々ネットと社会が近づいていくだろう。
また、コマ外の士郎正宗の無駄なウンチクもツイツイ目を通してしまうのも功殻の楽しみである。これも、ほとんど無駄情報なんだけど、無駄知識ほど知ると楽しいものです。実学よりも虚学の方が面白いのだ。

真偽はともかく、様々な情報が能動的に得られ、それを自分で取り扱うことができるのもネットの醍醐味の一つでしょう。


3.リンガフランカ: 滝沢 麻耶 から繋がりを


最後は、このサイトの名前の由来である「リンガフランカ」。M-1をモチーフにした漫才漫画で、劇中の漫才及び、お笑い講釈もさることながら、僕自身もツッコミである主人公と共感する点が多く感情移入しやすい。特に、「家族とファミレスに行ったときに、どんなに高くても千円程度で、特に親に言われたとか、特別貧乏ってわけでもないのに、いつも安いのを頼んでいた」という吐露は激しく共感できる。本当なんでなのかなー。

「リンがフランカ」では漫才をモチーフにしているだけあって、ボケとツッコミの関係について良く議論される。これは、ツッコミの主人公とボケの相方との関係でもあるので、物語の構図として当たり前のことなんだけども。この、ボケとツッコミ談義に面白い話がある。この漫画ではボケである相方が台本を作っている。相方曰く「俺は良質なトマトを作ることはできる。それはそのままで十分に旨い。でも客は、綺麗に切って、ドレッシングをかけて、皿を載せた状態を望んでいる」と。僕はどちらかというと、ネタを0から作るタイプというよりも加工する側である。まさに、漫才で言うところのツッコミ役である。決まった相方はいないけど、様々の人のエントリやコメントを元に繋がっていけたらなと思う。
その他作中のボケとツッコミ談義は、物を書く上で参考になるので、読んでみると良いかも。


リンガフランカとはラテン語で「コニュニケーションのための共通用語や手段」という意味でして、つまり『Lingua furanca.』というブログが異なる趣向のサイト管理人同士、及び読者とのコミュニケーションの場になれば、という思いが込められています。漫画の「リンガフランカ」では、漫才そしてお笑いを通じて通じてるのですが、「Lingua furanca.」の場合は、このブログや、そのコメント、トラックバックなどで多くの人と繋がれたらなと思います。
まぁ、リンガフランカのボケ曰く「名前なんてやり方次第でよくも悪くなるもの」なんですが。最後がちょっと見も蓋も無いですが、このように自分の嗜好と近い人たちと交流できるのもネットの良さの一つでしょう。


4.最後にまとめて

書評を書くのは苦手なんですが、こういう風に「何か」に即して話すと書きやすいなと気が付きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。