Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どうも初めまして。
今回このブログをしようと考えた張本人である「白い戯言」の白球です。



さて、今回お題として提示したのは「得たもの」。
まぁ「得たもの」があるということは同時に何かを失っているということでもあります。
ハガレンを例にすると等価交換ですね。まぁちょっと方向性は違うかもしれませんけど、それはさておいて。(ぉ


とりあえず結論から先に述べてしまうと、私が「得たもの」は、「はてな」、「コミュニケーション」、「文章構想意欲」ですね。
正直ニュースサイトを最初続けているうちは、がむしゃらにやっていたものです。
今となっては惰性的になってる感があるんじゃないのかと問われたら完全否定はしません。
が、その惰性にも得たことはいっぱいあるのです。
けど少なからず失ったものも色々とあります。代表的な例を言うと時間です。
時間というのは何か物事を行うにあたって切っても切れない因果関係があります。
例えばスポーツ選手なんかは一生懸命練習に練習を重ねて、結果が実るというものです。
サイトだってそれと同じ。時間はかかるものの、それを日々積み重ねていけばいつかきっと報われるんです。
その個人的結果に含まれるものが上で述べた二つです。


まずは前者二つについて。
今回この企画を立てたとき、まず最初に人数をどうしようかということで悩みました。
そこで、とある人たちに相談したんですよ。
まぁその相談した相手というのが今回の参加者であるうちの数人なんですけどね。(ぉ
その人たちに色々と叱咤激励を貰い今回参加してくださる人に声をかけて成立したわけなんですが、
それはやっぱり「白い戯言」というサイトで色々交流してきたから成り立ったと言っても過言じゃないと思っております。
正直最初は適当に携帯から日記つけてるだけで、こんな交流が出来るとは夢にも思ってなかったわけでして。
あとは、「はてな」との出会い。
はてな」はそれこそ独特な機能があります。(機能は色々あるのですが、飛んでくれた方が一番早いのであえて説明しません。)
ここだからこそ出来た「コミュニケーション」もあります。
この「はてな」と「コミュニケーション」というのは、上で述べた時間と同様に因果関係で私は結ばされてるなと感慨してます。


後者について。
これこそ前者2点以上に夢にも思ってなかった事柄なんですけどね。
まず先に言っておくと、この文章を見てくれて分かるとおり私自身はそこまで文章を書くのは得意ではありません。
以前にいたっては文章を見るのが嫌いなくらい駄目な人でしたので、これでも改善された方ですw
いつだったかは忘れたのですが、「このままの文章能力でいいのか?」と自分の心の会議室で議論するようになりました。
そして議論の結果、自分自身のスキルを根本的にダメだしする形になりました。
文章を書くことだけなら誰にだって出来ます。以前の自分にでもそれくらいは出来ると思います。
が、以前は自分で「構想する」ということをしなかった。
人の意見を聞いて頷くくらいならどんな人でも出来るとは思いますが、その意見を聞いて反論するというのは千差万別。
想像力のベクトルなんて人それぞれだからこそ「構想する」ということが重要なんですよ。
だからこそ、最近になって自分なりで構わないからそうするように努めるようになりました。
サイト内で考察関連をたまに扱うのもそれの一環だったりします。それも私なりに成長した証なんだと考えてます。



これからもサイトは出来る限り続けると思いますが、その際にこの得たものを失わないようにして活動したいと思っております。
まぁ楽しいから活動してるわけですし、簡単に手放したらそれこそ全てが失ったものになります。
人生一度きりなので、得るものはキッチリと得て自分の糧に出来たらこれ幸いです。


ネット上でのやり取りは奥深いもんだ。
今回改めてそう感じました。かしこ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。