Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ー序章:X年前ー

黒服のおじさん「水瀬よ、お前はいくつになった?」
水瀬「け、そんなこと聞かなくてもわかってんだろうが!」
黒服のおじさん「お前は情報について悩んでるんではないのか?」
水瀬「オレは人と情報を共有していることを誇りにしている、これはオレの宿命だ…。それは何も変わらない…そしてこれからも!だがオレは情報を共有する手段を知らない!オレは納得したいだけなんだ!!」
黒服のおじさん「…」
水瀬「オレは他者に情報を教えるということを誇りにしたい!誇りのためなら命だってかけれるぜ!アンタ、何か方法を知らないのか!オレは誇りのためなら何でもするぜっ!」
黒服のおじさん「…何でもする…と言ったな?お前…情報を他者に教えるためなら命だってかけれるのか?…今そう言ったのか…確認したい…」
水瀬「何?」
黒服のおじさん「もう一度確認したい…もしお前が情報を他者に教える手段を手にすることが出来るなら命を賭けれるのか…?」
水瀬「何言ってるんだぁ~!てめぇ~!」
黒服のおじさん「できるのか?」
水瀬「…ああ、情報を教える手段さえあればオレは命だって賭けてやるぜ」
黒服のおじさん「ひとつだけ方法がある…」
黒服のおじさん「つ http://blog.fc2.com/」
水瀬「な…なんだこれは…?」
黒服のおじさん「お前はHTMLもCSSも出来ない、ならばブログをここで借りるしかない」
水瀬「あ…アンタは何を言ってるんだ…?」
黒服のおじさん「この世の中にはネットという広大な電子の海があり!そこにはニュースサイトという個人の集めてる情報を他者に公開するというサイトが数多く存在しているっ!ニュースサイトとは己の好きな情報を提示し、他者とそれを共有できるサイト!」
水瀬「ニュ…ニュースサイトだと!?」
黒服のおじさん「ああ…ニュースサイトだ」
水瀬「あ…アンタは何を言ってるんだ?」
黒服のおじさん「お前には「情報を共有したい!」という熱き魂があるっ!お前ならやれる!だから言う!お前はブログスペースを借りてこれから毎日更新しなければならない!決して休むことは許されない!もしお前が休まず情報を発信し続ければ他者…閲覧者たちはお前と心を1つにするだろうっ!!」




ー第一章:痕跡症候群を始めたきっかけー

スティール・ボール・ラン風にお送りしてみました、どうも痕跡症候群の水瀬です。
閲覧者の皆様は「Lingua furanca. 」楽しんでおるでしょうか?
第一回目の「サイトで得たもの」で参加者でたった1人ネタで走ってしまって本当に申し訳ないです^^;
さて第二回目は「サイトを始めたきっかけ」ということでお題を頂きました。
実はきっかけは黒服のおじさんが…というのは冗談で痕跡症候群を始めたきっかけになったことについて書かせてもらいます。
実際、痕跡症候群を始めて一年以上の月日が流れようとしています。
ここまで続いてるのも閲覧者様たちのおかげでもあります、本当にありがとうございます。
もちろん生活も変わりましたし、いろんなモノを失っていったような気がしますが(前回のお題参照)、きっかけは「夜…ヒマだったから」でしょうか…簡単に言うと(笑)


痕跡症候群を始める前、いろんな絵日記サイトを見たり、読み物サイトを見たり、ゲーム攻略サイトを見たりとそのくらいでした。
実はサイトをこっそり持っていたのですが(今は跡形も残っておりませんが)、そのサイトは秘密ってことでお願いします(笑)
実際ネットを使用すると言ったらそのくらいでしたね。
いつものごとくネットを徘徊していると、とあるサイトさんにたどり着きまして…。
よく見ると、リンクしか無い。
記事にリンクしか無い。
こういうサイトって面白いのかな?と思って試しにクリックしてみたら面白いネタばかり。
初めてニュースサイトを知った時でもありました。
しかしその時は「これネタ探すの大変そうだから私には無理だなぁ、見るだけにしとこ」というくらいの気持ちでした。


その一年後、人様のサイトを見るだけでは面白くなくなったのか、「適当にブログスペースを借りてずっとオレのターン!みたいな日記でも書くかぁ」という感じでFC2ブログをレンタル。
どんなことをしようと思って、「面白い情報を他者に教えるサイト…ニュースサイトなんかやってみるといいかもしれないなぁ」という単純な思考になりまして(苦笑)
さらには「飽きたらすぐやめよ、3日続けばいいほうだろう」とかなり投げやりな気分で始まったのが痕跡症候群でした(笑)
で、実際やってみると「何処から情報を集めたらいいのかわからない」という事態に陥りまして。
適当に検索して、面白そうなネタを貼り付けるということだけしか出来ませんでした(苦笑)
正直2週間目で「そろそろやめようかなぁ」と思ってたくらいでした(本当に飽きっぽい性格なので)。
しかしやったからには後には引けないという気持ちもありまして、当初は他のニュースサイトからネタを引用しまくるということだけしか出来ませんでした。
で、そんな中で「とりあえず今は試用運転ということでいろんな形を模索しよう」という感じでなるべく毎日更新し続けることにしたのです。


そして本当のきっかけが訪れたのは2ch系ブログ。
「ニュースサイトと2ch系ネタを一緒に紹介したら面白いんじゃないか?」という思考になり、いろんなスレを紹介。
でも見境なく紹介するのもなぁ…という悩みが始まり、何か一つジャンルを絞ったスレを紹介しようということになり、漫画スレを紹介し始めたのが本当のきっかけでした。
そこからニュースも次第に漫画系記事が多くなり、今の形が出来上がったというお話です。



ー第二章:きっかけは突然訪れる、きっかけの後でサイトの色を出せばいいー
第一章で痕跡症候群のきっかけを書きましたが、実は最初痕跡症候群はネット論中心の記事を紹介するサイトでありました。
形がどんどん変わっていって困惑した閲覧者様も多かったと思います、そこは謝ります。

サイトを始めるきっかけって実際いろんな形があると思うのですよ。
「あのサイトにあこがれて始めた」
「オレだけの世界を表現したい!」
「絵描きたい!」
「日記書きたい!」
いろんなきっかけがあって良いと思うのです。
いろんなきっかけがあるからこそ、ネットは面白いサイトばかり転がってるばかりでして。
実際「サイトをやりたいんだよねぇ」という思いだけではきっかけとは言えないと私は考えています。
サイトをやりたいと言っても世の中にはいろんなジャンルのサイトがあるわけですし…。
まずは「オレはネットで○○を表現したいんだ!」という気持ちが大事なのではないかなぁと思います。

きっかけさえあれば、そこからはすごく早いと思います。
HTMLでサイトを作るのも良し、ブログを借りるのも良し。
きっかけという思いほど、サイト誕生の大きな要素と言えるのではないかな…と思います。

きっかけさえあればどんな形でもいい。
そしてその中で自分の色を模索する。
サイト運営の楽しさはそこにあると思うのです。


まとめ1「貴方のサイト運営のきっかけは何ですか?」
まとめ2「きっかけはサイト誕生の大きな起爆剤となる」
まとめ3「きっかけさえあれば、あとはどんな色に染めることだって出来る」
まとめ4「自分だけの世界を表現しよう」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。