Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
愛。
私に最も似合わないお題が降ってきた。

しかし、今回は私がトリである。
だとしたら、少々内輪ネタで申し訳ないが書くことは一つしか無い。

白球愛。

白球。
姓が白(パイ)で、名が球(チュウ)。
中国人である。

すまない。
少々、嘘をついた。

白球くん。
彼は野球部の存在しないこの学校で、これはというメンバーに声をかけた。
「ぼくと一緒に甲子園を目指そう!さぁ、白球を追いかけようじゃないか!」

すまない。
あだち充を読みすぎたみたいだ。

白球さま。
ついに彼は世界制服を成し遂げたのである。
白球帝国ばんざーい!白球帝国ばんざーい!

すまない。
もうこの辺にしないと行数稼ぎがバレそうだ。

白球さん。
白い戯言の管理人であり、ここ Lingua furanca. の管理人。
Lingua furanca. のメンバーは、誰一人違わず彼の呼びかけによって集まった人たちである。
このようなブログを短期間で作ってしまう行動力と、
一声でこれだけの人材を集めることのできる人望に、
メンバー一同、心の○○○がビショ濡れでございます。

よく、トラックバックは一通のラブレターと比喩されることがある。
アナタのブログを読みました。
すごく印象に残ったところがあったので引用させていただきました。
良かったら、私の意見も聞いてください。
私のブログを見てください。
私を見てください。
私を好きになってください。

ここで記事を書く人たちは白球さんに呼ばれて集まった人たちだ。
みんなが、彼に向かって記事を書く。
みんなが、彼に向かって愛を贈る。
今持てるすべての力を注いで。
今持てるすべての想いを込めて。
その言葉は“ありがとう”
その言葉は“愛してるよ”
そのすべてを受け止めることができるのは、
ただ一人。

One for all, All for one.
皆は白球さんのために、白球さんは皆のために。
それが私の考える Lingua furanca.

“愛・花・夢”(愛カム)
愛の集う、このブログらしいタイトルではないだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。