Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
法律を作るとしたら「今ある法律または作られている法律を広く国民に知らせる」
こういったことを行いたいです。

法律っぽい名前で言えば、現状法律公開法とでも言うのでしょうか?知りませんが。

えーこれは私の法律の知識のなさから思いついた法でして……

正直なところ、法律なんてのは知らない人がほとんどだと思うんですよ。(偏見かも知れませんが)
やってはいけないこととかはわかるんですが
それがどの罪にあたるのか?などといった細かいことはよくわからない。
やってはいけないラインとやってもいいラインの見極めがよくわかんない。
これぐらいならいいだろうと思ってやったら、思いっきりアウトだったり。
これはダメだろう……と思っていたら、セーフだったり。
わかんないです。法律。

最近では、著作権の非親告化などが問題になっていますが
知らない人にとっては何だそりゃ?って話なんですよ。
実際、親に聞いてみたところ「知らない」といわれました。

また、こういった法律は
いわいる著作権のグレーゾーンにいる人(同人誌とか)にだけ適用されたりすると思われがちなんで
一般の人の興味があまりないものであると思います。
そういった興味のなさ。
関心のなさがこういった法律というものを助長しているのではないかなーと思ったりします。

例えば、JASRACだって音楽の著作権を守っているところだろ?としか思っていないのではないでしょうか?
実際、私もネットをする前はそのようなあいまいな印象しか持っていませんでした。
これが、無関心。

しかし、いざネットで情報を集めて見ると、なんたるひどいことや。
あまりにも、横暴でお金を巻き上げることしか考えていないとんでもない団体というのを目の当たりにしました。

参考フラッシュ。
すごいぜ!JASRAC伝説
参考サイト
JASRACの暴挙をまとめるページ

こういったことなんだと思います。
知らない間に、人々が無関心であるうちに着々と悪法や悪の根源は手を伸ばしていて
気がついた時には取り返しのつかない状態になっている。
そんなことが、起こりえそうな気がします。(というかJASRACなんか既に起こしている)

あまりにも法律について無知な自分にとっては、その法律自体を教えてもらいたいわけです。
この法律はいったいどんな目的で施行されているのか?
その目的は国民にとってもいいことなのか?
それについての反論。賛成論はあるのか?
静かに静かに法律(しかもとんでもないもの)を作っていることはないのか?
もちろん自分からも知ろうとしなければならないことはわかります。
しかし、法律自体が複雑であること。
法律の種類の多さ。
こういったものがあるので、自分から学ぼうってのは難しいのです。

わがままなのかも知れませんが、これは高校生としての本音です。
法律なんてわかんないですよ。

でも、法律には強制力がある。
人生に影響を及ぼす可能性がある。

だからこそ、もっと法律について詳しく明瞭に教えてもらいたいものなのです。
そんなの、知らなかった! ではすまされないのが法律ですものね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。