Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近はネットの発展で「オタクになりやすい」とは言われるのですけれど、実際にオタクになるには色々と壁があったりするわけです。
同人誌の壁とか同人ショップ初入店の壁とか同人イベント初参加の壁とか、別に触れなくても良い壁だとは思いますけどね。
自分がこの壁を越えた時は中学生の頃という、何とも吹っ飛んだ覚醒を果たしてましたが、まあそれはともかく。
オタクの場合、これに地域格差という物がありまして、これで苦しむ人が大変に多いのですが、これは越えられない物理的な壁というやつでして。
僕の体験で言えば、「今期一番面白い」と言われたアニメが見られなかったとか、行きたい同人イベントの会場が東京だったとかそういうやつです。
同人イベントはまあその都度上京すればいいのですが、アニメの場合はそうも行きません。
アニメとは一週間おきにやってくる快楽の元凶。
毎週毎週律儀にもやってくるのです彼らは!
さすがにアニメで「上京しようぜ」なんてのはあまりに非現実的です。
本当に地域限定、特定地域には放送されない。
こういう時に「田舎の人」と言うことを痛感します。

さて、今回のりんふらのお題は「法律を作ってください」と言うことらしいです。
提案者のまなめさんも悩んだらしいです。
提案者でも悩んだお題を僕がスラスラと書けるはずもなく、この記事も実は締切二日後に書いていたりします。
僕の癖の中に「記事は一日寝かせる」があるので、実質三日後に書いていることになります。
その間さんざん悩んだ末に、僕はある法律を思いつきました。
別の言い方では「鬱憤を晴らした」と言い換えたり出来ますけども。
その鬱憤とは先ほど書いた「オタクの地域格差について」。
僕が上げる法律はそういう雑誌の発売日が遅れたりとか、話題のアニメが放送されなかったりとか、地域的な問題を取り除こうぜ。という僕個人の感情が九割ぐらい入った我ながら酷い法律です。
とはいえ、本当にこんな事が行われれば、それはそれでありがたいのです。
やはり面白いものが見れないのは悔しいので。
ソルティレイとか見れませんでしたし。
しかし最近のネットは進んでますね。
ニコニコ動画のおかげで実況する気持ちはいつでも味わえちゃったりしちゃう世界ですから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。