Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
エーックス!!!




はい、のっけから失礼しました。
今回のお題を聴いた瞬間に音楽の方は即X JAPANをお題にしようと思いました。
悪い意味での墓まで持っていきたいというのもありますが、音楽の方に関しては僕が思ういい意味での墓まで持って行きたいについて述べたいと思います。
まぁいい意味と悪い意味の二極化だけじゃないとは思いますが、あえて二極化にして考えました。

さて、いつもなら何となく記事を書くという意識の元で書くときが多いですが、今回ばかりは自分の思うがままに書きたいと思います。


■僕自身がX JAPANに出逢った経緯について。
まだX JAPANに出会ってなかった頃、僕は当時Janne Da Arcばっかり聞いてました。
どんな音楽が好きになるかという傾向はとある友人とそっくりなんで、大抵その人の聞いてる曲は僕も気に入ります。
なので、X JAPANに出会うきっかけもその友人がらみだったりします。
何所で出逢ったかというとその友人と他の人たちでカラオケに行ったときのこと。
いつもどおり僕はJanne Da Arcの好きな曲を入れて歌っていたんですが、友達が別の曲にはまっていてカラオケに行くたびにそれを歌っていたんですよね。
まぁそれがX JAPANの「Joker」という曲なわけなんですがね。
何か友達がネタっぽい言い方(表現しづらいので詳細は略)でそれを歌っていたのでどうしても気になったから原曲をその友人に貰ったわけですよ。

いつの間にか聞いてる曲がJanne Da ArcからX JAPANに変わってました。


■僕なりに思うX JAPANの魅力
最初に言っておくと、僕は音楽に対する知識などはあまり持ち合わせてるわけではないので、
この人のどういう技術がこうだから凄いというような感想はまったくいえません。
それにロックというロックをそこまでこだわって聞いているわけでもないため、僕なりの感性から発せられる感想でしかないわけですのであしからず。
あくまでX JAPANというグループが好きなだけです。ふひひ!

僕はX JAPANで一番好きなのはリーダーであるYOSHIKIです。
なんといっても躍動感というのかな?
ニコニコ動画でいうなら、

ドコドコドコドコドコドコドコドコドコドコドコドコドコドコドコドコ

という弾幕が出るようなあのドラムがたまらなく好きです。
そして激しい曲は思いっきり激しくなるというのに、ピアノはなんという繊細さを醸し出すのだろうと思います。
まぁYOSHIKIだけでなくX JAPANのメンバー全員は魅力があります。
あそこまで一人一人実力や個性があるというのに、
とある一人が際立ってるというわけではなく全員いてこそ素晴らしい。それがX JAPANなのです!

あとは個人的なことなんですが、カラオケでXを全員知ってると歌う時にテンション上がります。


エーックス!!!


と叫べるあの感覚はいい!(何
ただし、X JAPANの曲って男性の声を潰せる曲が結構あったりします。
紅とかRusty Nailとかは僕の場合ちゃんと声出そうとすると死ねる。練習不足かな。

またX JAPANのよさとして間奏部分の演奏です。
思わず惚れます。言っている意味がわからない人はhideのソロとか聞くと幸せになれると思います。


■ということで。
本題に戻りますが1枚選べといわれても選ぶことが難しいです。お題発案者を恨みたいです。
まぁ選べといわれてるから選びます。

考えた結果、音楽はArt of lifeを選ばせて貰います。

僕が知ってる中では一番長い邦楽だと思う。というか他に長い邦楽があるならぜひとも知りたい。
この曲を何人かの人に聞かせたことがあるんですが、皆さん長いというコメントが最初に返ってきた。それほど長い。
というか30分ですよ、30分。まぁその30分に色んなものが詰まってると思いますが。
えーと、このArt of lifeは半分はYOSHIKIで構成されていると言ってもいい気がします。
その理由として約10分ほどあるピアノソロ。
これははっきりいって賛否両論ですね。ぶっちゃけ僕も最初聞いた時はなんだこれと思ったくらいです。
けど聞いていくうちにはまります。ピアノソロのよさがわかってきます。
どのようにいいと言うかは言えません。脳でこれはいい!という感覚だけがやってくるからです。
あと基本的に間奏が約半分を占めているのですが、聞いていて飽きませんよ。僕が保証する。

結論。X JAPANは素晴らしい。

それにしても、いかに僕が言語能力に乏しいかがよくわかりますね、これ。


■あー、本がありました。
本に関しては僕が思う悪い意味での墓まで持って行きたい本を選ばせて貰います。
それは学校のアルバムです。
売ってる物ではありませんが、あれは黒歴史が詰まりすぎて開きたくないです。
ネタという意味ではたまらない極上品なんですが、当本人としては困るだけですので。
ということで今回選んだ本に関しては特にいい思い出がないため、ここら辺で締め。




Art of life live Art of life live
X JAPAN (1998/03/18)
ポリドール

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。