Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回のお題は「サイト更新の際に気をつけていることは?」です。
結構色々あるはずなんですが、いきなり列挙しろと云われても思いつかばなかったので
実際に更新する時、気づいた点をメモしてみました。
とりあえずうちはニュースサイトなので毎日の更新の気をつけている点を…。

各ブラウザでレイアウトが崩れていないか?



Internet Explore6
Internet Explore7
FireFox 2.0.0.4
Opera 9.21
まあとりあえずはこの辺りでしょうか。
IE6が一番の曲者です…。


あまり下品な見出しの記事は紹介しない



サイトの品位にかかわるので、たとえ記事が面白くても自重します。
ヲタ丸出しのサイトですけどこういうこだわりはもっていたりします。


記事の量とコメント



出来るだけ毎日同数量の記事数を紹介したいところですが、ニュースサイトは他サイトの更新次第なので
そういうわけにもいきません。
だからといって、数合わせに面白くない記事を紹介するわけにはいきませんからね。
あとコメントです。うちは全部にコメントを付けているわけではないのですがなるべく漫画系の記事には
コメントを付けています。それは、漫画に力を入れていると思ってほしい私なりの訪問者への訴えです。


出来るだけ他(ニュース)サイトとの違いを出す!



ニュースサイト論においてよく語られることなのですが、どう個性を出すかが問題になったりします。
それは近年増加傾向にあるニュースサイトの不要論や、大手以外劣化コピーなどと云われていることです。
うちは、最初は何もテーマを持たずに出発したのですが漫画系ニュースサイトって意外と少なことに
目をつけもともと漫画好きだったこともり、漫画系ニュースサイトを目指すことに方針を決めました。

更に、記事紹介に限らず自ら記事を書くことで独自性を確立することを目指しました。
もっともこれは最初から狙っていたわけではなく、何気なく書いた最初の記事
[DEATH NOTE]南空ナオミは7回も免許証をなくしていた!?
が予想以上の反響をよんだのが原因といっしゃそうなんですが…。



記事を書く時注意すること



自分で記事を書く一方で他サイトの記事を読み紹介するのですが、
他サイトの記事のレベルの高さ、考察の深さを知ると軽く凹みます…orz
そもそも私は文章を書くのがもともと下手なのでなんとかうまくなろうと努力中ではあるんですが。
文章力はおいておいて、その作品に対する理解度が低いことがあります。
何度か、それを露出させてしまい恥ずかしい思いをしました…。
だから記事を書く時は勿論、作品を読む時は必要以上に注意して書いたり読んだりします。
正直、これが一番注意していることだと思います。
自分の無知を悟られないようにすること。
web拍手で大量のつっこみをいただいたときはどうしようかと思いましたよほんと…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。