Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
トラックバックって正直あんまり活用した事がなかったりする。
ブログ持ちな癖にろくに把握してないのは問題があるのかないのか。

ということで記事じゃなくてタイトルにトラバすることにした。
でも何に反応しよう・・・。
と思っていて考えていたら、夏休み中に旅行とかしていた関係で書いてないお題があったのを思い出したので、
この機会を使って改めてそのお題に挑戦しようと思い立ったのである。



はい、無駄に前置きが長くなりましたが、
僕が今回トラバしたのはやくろさんが発案した「リアルとサイトについて」というお題です。

リアルをA、サイトをBとすると十分条件しか成り立ってないと思うんですよ。
これに関してはまなめさんが書いてくれてるネットとリアルの関係を見ればわかりやすいのでここでは割愛。

ただAもBも「心技体」は成立してないといけないと言えます。
リアルでは心も体も強くないと社会を勝ち抜く・・・というか生活上厳しいものがあるし、
また人間というのはコミュニケーションという技術があるので、
それを駆使しないとそれこそ孤独死でもしてしまうのではないでしょうか。
まぁコミュニケーション技術はネットでもある程度必要だとは思うが。

そしてサイトもそれこそ精神的に追い詰められたらそれこそ閉鎖するということにもなりかねないし、
体力がなくなってたらPCに向かう気力もなくなるでしょう。
あと流行らせる流行らせないかは別にして一度はデザインとかのような技巧に走るはず。
僕も何度か走りました。失敗したけど。



僕は高校の剣道の授業で「心技体」という言葉を初めて意識した。
やってみたらわかるけど、剣道はどれか一つでも欠けてたら終わる戦いとも言える感じが、
授業を受けていてひしひしと伝わったんですよ。
そしてリアルやサイトも基本は同じでしょう。
ただ必ずしも必死にやることはないでしょうが。
心技体を磨くことによる向上というのはどの世界でも同じ。
僕も常時実行できるように頑張っていきたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。