Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
トラックバックとコメント欄が無いブログはなんとなく閉塞感を感じます。
交流を阻まれている感じ……読者を突っぱねていて一人でこもっているような、そんなイメージがあるのです。
たとえWEB拍手とか、メールの連絡先などが書かれていてもです。

逆に、コメント欄やトラックバックが開放されているブログについては。




何も感じません。

いや、コメント欄とトラックバックはあって当たり前といった感覚が自分の中であるので
コメント欄やトラックバックがあるといって開放感を感じるといったことはありません。

ただし、芸能人や有名人のブログとなると話は変わってきて、
コメント欄やトラックバックが無くても「あぁ、仕方無いかー」と思えるし
逆に開放されていたら、物凄い開放感を感じます。

ブログに、コメント欄とトラックバックはあって当たり前。
芸能人ブログに、コメント欄とトラックバックは無くて当たり前。
こういった先入観が私にあるから、閉塞感と開放感を感じるのだと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。