Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お題の第17回は、「他の管理人の現在・過去・未来を勝手に決めた上で、追悼文を書く」です。

発案者は犬(Diary of Hopeless Sinner)です。




誤解を招くかもしれないので補足説明しておきます。
実在する管理人に抵抗があるなら、実在しない管理人の追悼文にしても構いません。
つまり基本はお題の通りなんですが、知り合いを冗談でも殺してしまうことに抵抗があれば、架空の管理人を殺してもいいということです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。