Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Lingua furanca.…通称りんふらを運営してもう半年以上もやってることになりますね。
一応条件を色々とつけてやってたせいもあるのか、
そこまで長く運営してたとはあんまり思いませんでした。

だけど、りんふらを通して学んだことはいっぱいあります。
今振り返ってみると多くの人に支えられて出来たブログだと思います。



まず最初にProject::Logistica.に僕が興味を持たなければりんふらは出来なかったと思います。
別に他の人が思い浮かべたのであれば、似たようなブログはもちろんできたと思います。
けど、今ここにあるりんふらは唯一無二の存在です。
別の人がやったら違うものに変わってしまいます。
このメンバーだからこそ。
このメンバーだからこそ、りんふらは成り立っていると僕は思っております。



さて、ロジスティカとりんふらは方向性が若干違うと思います。
これは見てくださればある程度わかるはずですが、
ロジスティカは思いっきりネット論に関連するものを集めたブログだと思っております。
無論そのメンバーの中に僕がいるわけでもないのでロジスティカの真意は不明ですが。
りんふらはそのロジスティカを真似て出来たブログといってもいいでしょう。
実際僕はこれに似せようとして発端したわけですし。
なので、元々僕の中でのりんふらはネット論なんかを中心にしたいと思っていたんですよ。
ただ、実際作るにあたって会議をした際に、
ネット論だけなら見る人が限定されるのでサブカル的なお題も入れようということになったんです。
だから正直言えば僕の理想とは少し違った形で完成されたんです。
結果的に作ったことに関しては異論が無いのでいいのですけどね。



で、完成されてから半年以上が経過したこのりんふら。
一応代表管理人ということで更新の管理とかもやってきたわけですけども、
反省点ももちろんございます。

まずとある時に指摘されたんですが、甘かったこと。
感情的に怒れない時が多いんで何ともいえないんですが、
「忙しい時は連絡してくだされば書かなくてもいい」という条件を付けていたので、
それを利用している人が多かったかなというイメージが僕の中にありました。
まぁそこら辺は僕自身がしっかりしていればどうってことなかったことでもあるので、
正直メンバーに対しても自分に対しても甘かったなあというのが一つ。

次に更新方法。
これは色々と最初に決めていたんですけども、
実際更新してみると勝手が違うなぁというのがありましたね。
あとこれに付随するのが、ブログの管理不足。
ブログにはよくあるスパムコメント・トラックバック等の処理を他のメンバーにもやらせていたり、
アーカイブの更新がさっぱり途絶えたりと色々申し訳ない部分が目立ってしまっています。
さらには更新忘れ。一番駄目ですね。
予約更新を使わないのかというのもありましたが、
ブログを始めた当初ちょっとトラブルがあって以来あんまり使っていないのがありまして、
結局時間近くになったら更新するという形を取っていたのですが、
それが仇になって忘れることが多くなりました。改めてすいませんでした。

細かいこと抜きにしたらこの2点が思い浮かびました。
更新の裏には「こういうこともあったんだな、へぇ」と思ってくだされば幸いです。




さて、とりとめもない中の話題を長いごちゃごちゃ書いていきましたが、
結論からすれば凄くいい体験だったと思いました。
僕は普段は適当にニュースサイトをやってる立場なので、
このような多人数でのテキストブログというのはとても新鮮でした。

そこで忘れてはならないのが、この経験を次に生かすこと。
同じ事の繰り返しをしていてはやった意味がないと言っても過言ではないでしょう。
様々なことがこれからもあると思いますが、その度に学んでいけたらいいかなと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。