Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最終防衛ライン2にて、つらつらと日々長い「論」を書いてるid:lastlineです。idがついてるのは、はてなでのidであって、実は、特にコレと決めたHNが無いからです。正直今困ってます。

主にサイト論を展開してますが、基本はゲーオタなのでゲームの話を中心に、時には「萌え」なども交えてオタク論もやります。偶に政治経済を話題にして火傷してます。
強く影響を受けたサイトは裏ニュース(現・連邦)、俺ニュース、ちゆ12歳です。

自身のサイトのジャンルが自分でも特定できないのですが、最初は短文系テキストで、いつの間にか二ニュースサイトに変じ、徐々にテキスト系のニュースサイトから、「論」ばっかし吐く今のスタイルに。まぁブログらしいといえばブログらしいですけど。ただ、はてなダイアリーって未だに完全なるブログって気もしないんですけど。

ちなみに、一人称が私、僕、俺、自分と色々変化しますが、全て同一人物ですので(笑)


閑話休題

最初のお題は「サイトをやって得たもの」だそうです。一瞬「サイトをやっていて得したこと」と誤読したんですが、それは内緒です。

「サイトをやって得たもの」といえば、やっぱりアクセス数でしょうか。何時つけたか忘れたカウンタは日々刻々と増えてきます。まぁその内の1割くらいは自分な気もします。それは、ブログは誰かのためでなく、自分のために書けばいいと思う。からで、ブログというかサイト、というか日記の1番の読者は未来の自分なのですよ。ただ、世の中には自分のブログを自分は見ないもいるみたいですが。

さて、アクセス数とは何の数かを考えるに、訪問者数なわけで、その内の何割かは僕の文章を読んでくれた人です。つまり、アクセス数を得た=僕の文章を読んでくれた人を得たということで、「サイトをやって得たもの」とは僕の文章を読んでくれた人達であります。

サイトをやらずとも私の書いた文章をネット上で読ませることは可能で、例えば2ちゃんねるでコテハンを名乗ったり、あるコミュニティ内でコメントや掲示板、メールなどで活動を続けるという方法もあります。
ただ、一個人が一つの繋がりの中でサイト上で書き続けることで、ネット上の自分が形成される。サイトを続けた結果の一つがアクセスカウンタに刻まれた数なのですが、それは日々積み上げてきた文章によるもの。それは取りも直さず自分の一部が誰かに渡った証である。
功殻機動隊ではないけども、自分の書いた文章で自身の一部がミームとして誰かに渡り、それがその人のモノとなり、新たな文章が書かれる様を見ると、自身が世界に広がり、誰かの中に自分の一部が存在する嬉しさを感じずにはいられません。そして、文章だけでなく、あるサイトの影響を受けて新たにサイトが生まれることもある。僕自身も新たなるサイトの創生の一助となるサイトになりたいと憧れる。それが、今まで自分が影響を受けたサイトである「裏ニュース」や「俺ニュース」などへの憧れの一つなんだろうな。

最後に俺ニュースのてっくたんが残し、今の僕の一部となった言葉で締めたいと思います。


ネットワークの子供達よ
貴方達は私の誇り
貴方達は私の希望

どんなに些細な事でもいい
どんなにくだらない事でもいい
貴方が心動かされた事を貴方の言葉で記し
貴方の手で次の世代に残しなさい

遥かなネットワークの地平に次の百年を夢見て
RNA side 200305-312357より




というわけで、「サイトをやっていて得たもの」とは今まさにコレを読んでいる貴方たちというわけです。ここまで長々とお付き合い頂きありがとう御座います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/10-d1774b5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。