Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
第3新東京市某ラーメン屋にて

レイコ「ニンニクラーメン、チャーシュー抜き。」
シメジ「ぼ、僕はみそラーメンで。」
ミサコ「私もそれにするわ。」
アヌカ「何よこの店は!ラーメンしか置いてないの?こんな物食べたら太ってアタシのナイスバディが台無しじゃないの!」
シメジ「ミサコさんも好きなんですか?みそラーメン。」
ミサコ「…それよりね、シメジ君。もうサイトの更新には慣れた?」
シメジ「ええ…。まあ。でも、僕は好きでサイトの更新をしてる訳じゃないし…。」
ミサコ「なら、何故あなたはサイトを立ち上げたのかしら?やりたい事があったからでしょ?自分の気持ちに嘘付くのはよくないわ。」
シメジ「他サイトで話題になってる事を僕も取り上げればアクセス数は増えるけど、そんな一時的な読者が欲しいわけじゃないんです。だけど、僕は僕がしたいことが未だ分からないんですよ。僕はどうすればいいんだろう?」
ミサコ「だったらオナニーになってもいいんじゃないかしら?だけど、自分勝手になってはダメ。自分のやりたいことを読者に思い切りぶつければ、きっと分る人は分かってくれるわよ。オナニーにも良し悪しはあるのよ。そう考えれば、サイトの更新もそう悪いモンじゃないわ。」
レイコ「個性を大事にすることは、サイトにとって最も大事な事。肉は嫌いだけど。」
アヌカ「まっ!読者とお互い楽しくやれればそれでいーのよっ!それが一番だと思うわ。楽しくなければ、何も意味がないもの。」
ミサコ「そうね。それが私も一番だと思うの。楽しくやれる事。それが一番大切なのよ。あなたには分るハズだわ。ね?シメジ君?」
シメジ「ミサコさんに、僕のキモチは分からない。だってミサコさんは大手サイト管理人だもの。僕みたいな弱小サイト管理人のキモチなんて、分るハズないよ!」
ミサコ「それは違うわね。大手サイトも弱小サイトも何も違いはないわ。サイトが大手か弱小か決めるのは、シメジ君。あなた次第なのよ。そんな物、誰が決めるまでもないのよ。」
シメジ「…わかったよミサコさん。僕は僕のやりたい事を精一杯やってみる。例え失敗しても、それが一番正しいとみんなに教わったから。だけど、サイトがオナニーになるのは良くないと思うんだ。だって、そんなの自分の思い上がりになってしまうだろうから。」
ミサコ「そうね。でも、私は思い上がりになっても構わないと思うの。相手に自分を理解してもらうために我武者羅になるのも時には必要なのよ。でも、もちろんそれが全てじゃないわ。これから先の事はあなた次第よ。自分で考え、自分で決めなさい。」
シメジ「僕が次にやりたい事は未だ分からない。でも、サイトを更新する事の本当の楽しみを、これからも考え続ける。だけど、それも当り前の事に何度も気づくだけなんだ。僕が僕であるために。」

アヌカ「私の体でオナニーしたくせにw」
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/110-2505b74f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。