Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私は謙虚なんで誇れるところなんか無いです><
でも、これでは記事が書けない。考えてみると「記憶力」かな。

容量(メモリ)の無駄使い
記憶力といっても、何から何まで一言一句覚えてるとかありえない。全てを丸暗記してたら、ヒソカじゃないけどまさに「容量(メモリ)の無駄使い」。丸暗記しておいた方がよい事もあるけど、人間の容量には限界があるんだから、無駄使いせずに、容量にあった覚え方をしないと。

ある情報がどこにあるのか知っており、参照できればそれで十分だ。例えば、参照できるキーワードを覚えるとか。参照する機会が多い情報ならば自分の手元に置いておく。これは、本を買うとかデータベースを構築したりなど。ただ、手元に置くにしても限りがあるので、適宜図書館やウェブを使うことになる。電子データは、自身のHDDに保存する方法もあるけど、きちんと参照しやすい形で保存できないならウェブを参照した方が楽だし、これもやっぱり「容量(メモリ)の無駄使い」。
例えば、参考になるだろうなと思って買った参考書は、買ったことに満足して読まない。必要に迫られて買った参考書程使うものだ。[あとで読む]タグをつけたブックマークはいつまで経っても読まない。使うだろうと思って取っておいたダンボールの空き箱とかトイレットペーパーの芯は使わない。モノは「容量」=「場所」の無駄使い。電子データも同じ。余ほどレアなものでない限り、使うときに集めれば良い。集められる能力を養った方が後々の役にも立つってもんだ。

外部記憶装置
いずれは、攻殻機動隊のように電脳から直接外部記憶装置に参照できるようになるかもしれない。攻殻機動隊で、少佐達は聖書や文学からの引用を用いて会話するシーンがある。これは、外部記憶装置のなせる業だ。それならば我々が外部記憶装置を参照できればこなせる会話か、といえばそうでもない。外部記憶装置を参照できれば、話し手は即座に正しく引用でき、聞き手も何から引用されたのかすぐ理解できる。しかし、その引用した意図や意味までは簡単に理解できない。引用する言葉を一度自分で吟味して、自分の言葉にしておかない限り、つまりそれぞれの情報を自分自身と繋げておかない限り、少佐達のような会話はできないであろう。
外部記憶装置に参照できても、それぞれの情報を自身で相互にリンクさせておかないとやっぱり「容量の無駄使い」。そして宝の持ち腐れ。まぁこれは現状のウェブや本屋、図書館と変わりは無いわけで。電脳から直接外部記憶装置に参照できる利点は、時間でしかない。

こう考えると、私の誇れるところは「記憶力」というよりも情報収集力とか、各情報同士のネットワークを構築できる能力と言ったほうが適切か。

イメージを記憶する
ところで、私は人の顔と名前が一致しない事が多い。私は人に興味が無いんだろうか?ただ、その人のキャラクターなどは良く覚えている。名を前聞いて分からなくても、どんな雰囲気の人から聞いたら思い出したり。思い出を振り返るときも、名前よりもイメージが先行する。これは、名前じゃなくて中身に興味があるからかもしれない。

そういえば、私は「名前」に関して本当に無頓着。地名も全然覚えない。地名は覚えてないけど道順は覚えてる。地名よりも、○○がある場所って感じで覚えてるのでタクシーの運転手にはなれないぁ(笑)。また、そんな覚え方なので地図が描けない状況下で言葉のみで道案内するときに難儀する。「○○という交差点」とか「△△という通り」と言えず、「××が角にある交差点」とか言わないといけない。でも、何にも無い交差点もあるわけで。

こう考えると、かなりの部分を「イメージ」に頼っているのだなと思う。情報同士の繋がりを脳内に「イメージ」してるのだろう。ただ、「イメージ」に頼っている分だけ、誰かに説明するのがかなり難儀なんだけどね。変換が必要で、変換する際に齟齬が発生しないようにするのが大変。それこそ、地図を描かずに道案内するみたいにね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/146-f7f6a02b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。