Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 今回のお題は、有賀さんから「あなたが誇れるところ」だそうです。いやー、なんか、恥ずかしいですね。自分で自分のことを誉めなければいけないんですから。語りすぎても、どんだけ自分が好きなんだよって思われそうです。だからといって、語らなすぎても、それはそれで空気読めって話ですし。羞恥プレイなのですか、そうなのですか。

 ともかくとして、自分で自分のことを書くのは恥ずかしいので、他人の言葉を借りることにします。人から指摘されることの多い単語をキーワードにして二つ、自分自身が誇れると思うところを一つ。合計で三つの章に分けさせてもらいます。

 まず、僕が形容されることの多い言葉は「真面目」である、というものです。他人より神経質な部分は自覚していますが、実のところ、自分が真面目だと思えません。ただ、そういって下さる方のために、真面目な自分をアピールしてみます。

 僕はDiary of Hopless Sinnerというサイトに間借りして、更新を続けております。このサイトはHopelessさんが立ち上げて方向性を作り、サムさんが盛り上げて人気を不動のものにした、2chのスレッドをまとめるブログです。他にも何人かいらっしゃるのですが、実質的には僕で三代目というわけです。

 このサイトに参加するにあたって、僕はHopelessさんにある宣言をしました。それは「週に二回は更新をする」という内容のものです。2ch系ブログでは一日複数回更新もザラにあるのですが、それは僕の実力では不可能です。ですから、せめて週に二回は更新する、と言ってみたのです。

 そこから十一ヶ月間、色々なことがありました。仕事ばかりで休みの取れない一ヶ月、飲み会が連続した二週間、チョコのもらえないバレンタイン。それはもう、色々でした。そういった日々でも、週に二回の更新はほぼ欠かしておりません。ここ最近、さすがに辛くなってきましたが、それでも一定のペースで更新は続けているのです。これはウェブサイトの管理人のほとんどに言えることですが、美徳だと言えるでしょう。

 次に、多く言われるのは「奇人」である、ということです。多少風変わりかもしれないなとは思いますが、これも全く見当違いの言葉としか思いません。ただ、多くの方がおっしゃるのだから、それに見合ったエピソードを語ってみます。

 うちのサイトの特徴は、マイナーな板の、特殊なスレッドをまとめている点にあります。それはHopelessさんが始めた時からそうでしたし、サムさんが強化していった部分もあります。そういう流れがありますから、間借りしている僕も伝統を引き継がざるをえません。

 一口に変わったスレッドといっても、その内容は様々です。例えば、豆腐の角に頭ぶつけて死ぬ事は可能か?@物理部活動同士が戦ったら、一番強いのは何部?@創作文芸のように、何にカテゴライズしていいのか分からないけれど、面白いスレッドがあります。

 また、渋滞を無くす方法教えて★@シミュレーション災害時のトイレをくそまじめに語るスレ@自然災害のように、お硬すぎる内容ゆえに他では取り上げられなさそうなものを題材にすることもあります。

 そして、彼女を強制近視化するスレ@めがね・コンタクト◆ニワトリをどうにかして野生に返してやりたい@昆虫、野生動物など、なんとも形容できないシュールな世界を切り取れたと自負しているものもあります。

 これらのスレッドは、変なものを探そうとするうちに発見した、偶然の産物です。しかし、偶然にせよ、そういったものを発見してしまうことを才能だとするのなら、確かに僕には才能があるとしか言えません。他人がそれを持たないのであれば、これは誇るべき事柄と言えるかもしれません。

 最後に、僕自身が誇れると思うもの、それは「好奇心」です。端的にいえば、僕は考えるよりも行動する方を好みます。道に迷ったら止まるのではなく、歩く。そういう人間なのです。おかげで、自宅から十数分の道を三時間さ迷ったこともありますが、そういった性質は誇るべきことだと考えます。

 例えば、2ch系ブログは誰にでも容易に始めることができます。数分でURLが取得できますし、更新に必要な道具はブラウザとテキストファイルだけ。それ以外には、何一ついりません。注目されずに更新したくないという方は、うちのサイトは今現在でも参加者を募集しております。

 また、ニュースサイトを運営するには巡回の労力や観察眼が必要とされます。テキストサイトには文章力や独創性が求められるものです。それらのものが、2ch系ブログには一切必要ありません。2ch系ブログに必要なのは、地味なマウス操作と長時間のコピー&ペーストに耐える根気だけなのです。

 やってみれば、いつでもできる。しかも、ほとんどの2ch系ブログのアクセス数は高いレベルにあります。しかし、2ch系ブログは思っているほど数がありません。それは単純に、やってみる人が少ないからです。できることと、やることは違う。その当たり前の結果が、2ch系ブログの数に表れているのです。

 僕は、やりたいと思いました。そして、やりました。この二つの直結が、僕自身の誇れることです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/150-20cbc0c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。