Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ブログ、特にテキストを書いている者にとっては
誰にでも「理想とするエントリ」というものを持っているのではないかと思う。

しかしながら私はLingua furanca.に参加した当初、
「理想とするエントリ」を持っていなかった。ただ漠然と

・とりあえず読んでもらえればそれでいい

そう思っていた。

しばらくは文章を書くことが楽しい、皆に楽しんでもらえて嬉しい。
そういう時期が続いた。

しかし。

私は出会ってしまった。理想とするエントリに。

思い出の一枚 / まなめ

■Ctrl+A

そのエントリはまず文字の配置がすばらしく、緩急をつけたその配置は後半の緊張感をより高めてくれ、一気にオチへと誘導してくれている。
内容では無く、配置で読者の感情を揺さぶるこの手法、シンプルながら非常に効果的。

また、りんふら読者への心配りも忘れていない。
引用させて頂くと

時代背景的に、当時は法整備もなっていなかったと言われていて代表者が集まって一つずつ法律を出し合ったりしたこともあったと言われている。

この部分。見事に過去のお題を紛れ込ませることに成功している。
普段からりんふらのエントリを読んでいる方々へのさりげないサービスが心憎い。

更に、
アキバ星のメイド喫茶ツアーやツンデレお嬢さん社長など、
ふんだんに小ネタをちりばめ読者を飽きさせることをさせない。

どこを読んでも面白く、付け入るスキを全く見せないこのエントリは
未だに私の中で「りんふらベスト・エントリ」となっているのだ。

■Delete

さて。
理想とするエントリを見つけた私はどうだったか。

書けなくなってしまった。

いや、書けなくなってしまったのでは無い。書いたものを提出できなくなってしまったのだ。

書きあがったテキストを読み返す。
こんなんじゃない。こんなんじゃ満足いかない。こんなんじゃダメだ。
書き直す。これもダメ。書き直す。まだ納得いかない。あのエントリを超えられない。

あのエントリを意識しすぎるあまり、あのエントリを超えたいと思うあまり。
このエントリでは誰も満足しない。このエントリでは誰も楽しめない。

競うためにりんふらにいるわけではない。競うためにテキストを書いているわけではない。
それは分かっている。しかし。同じお題でテキストを書きあうLingua furanca.という空間内では無意識にでも他のエントリを意識してしまっているのだ。あまりにも過剰なまでに。

私を一撃で戦闘不能に陥らせたエントリ。

あのエントリが無ければ―こんなことにはならなかったのだろうか。


■Ctrl+Z

否。これは自分自身の問題なのだ。

私は全く読者のことを考えていなかった。自分で勝手にハードルを上げ自分が満足できなければ読者も満足できないのだろうと勝手に考えている。

本当に私のエントリを楽しみに待ってくれている人もいるというのに。

そう―

最初に掲げた

・とりあえず読んでもらえればそれでいい

ここに戻ってみようじゃないか。楽しいと判断するのは自分ではない。

楽しいとか楽しくないとか―

それはテキストを提出しないと分からないのだから。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/153-34e874ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。