Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
トラックバックとコメント欄が無いブログはなんとなく閉塞感を感じます。
交流を阻まれている感じ……読者を突っぱねていて一人でこもっているような、そんなイメージがあるのです。
たとえWEB拍手とか、メールの連絡先などが書かれていてもです。

逆に、コメント欄やトラックバックが開放されているブログについては。




何も感じません。

いや、コメント欄とトラックバックはあって当たり前といった感覚が自分の中であるので
コメント欄やトラックバックがあるといって開放感を感じるといったことはありません。

ただし、芸能人や有名人のブログとなると話は変わってきて、
コメント欄やトラックバックが無くても「あぁ、仕方無いかー」と思えるし
逆に開放されていたら、物凄い開放感を感じます。

ブログに、コメント欄とトラックバックはあって当たり前。
芸能人ブログに、コメント欄とトラックバックは無くて当たり前。
こういった先入観が私にあるから、閉塞感と開放感を感じるのだと思います。
スポンサーサイト

コメント欄から失礼します。カラスです。
コメント欄で、コメントのメリットについて考えてみます。


コメントのメリット
みんなの意見が聞ける。
管理人と読者の交流がはかれる。
管理人が読者を意識できる。
コメント欄があることによって面白くなるときがある。


メリット
・みんなの意見が聞ける
これは、いわずもがな。
こんなことを思うんだけど、みんなはどう思う?ってな感じですね。
他にも、記事を書いたら「面白かったよ!」というコメントがつく。
これも、みんなの意見が聞けた例ですよね。
ちなみに、私はこういったコメントが非常に嬉しいです。
ありがとう。みんな愛してる。
また、きちんとした指摘が入るのも非常に嬉しい。
あーなるほど。そういった考えがあるんだ。あ、それは考え付かなかった。わかるわかる。
管理人からしてみると、きちんとした指摘は学ぶところが多くてこれまた嬉しいものです。

・管理人と読者の交流がはかれる
コメント欄はこういった意味合いも強いものであると思います。
もっとも、最近ではSNSが発達しており、こういった使われ方は少なくなったかも知れませんけども。

・管理人が読者を意識できる。
これは、私だけかも知れませんがw
ブログやっていても、見ている人をあまり意識できないんですよ。
カウンターは回るので、見ている人はいるんだろうなぁーと思いつつもどうも実感がわかない。
これは、読者が見えないからだと思います。
そんなときにコメントがきたりすると「あ、ちゃんと見てくれている人がいるんだな」ということがわかります。
読者の方がコメントをしてくださることにより、管理人(私)は、読者の姿をきちんとした姿で見ることが出来るのです。

・コメント欄があることによって面白くなるときがある。
これは、セミマルさんが言っていらしたことなんですけどもw
2chまとめブログ系とかでよく見かけますw
記事で笑って、コメント欄でまた笑わさせられるという。
短文系のブログにこういった現象は起こりやすいようです。
みんなの連携が見えるときは、笑いを通り越して感嘆を呼ぶことすらもw
コメント欄は2chまとめ系ブログを見ているときの楽しみのひとつです。


コメントのデメリットについては、あんまり書きたくないので書かないことにします。
考えてみたのですが、あんまり楽しい内容でもなかったので……それに他の方が言ってくださると思いますしねw
では、長文コメント失礼しました。
やりたい放題のカラスでした。

2007.11.16 23:51 URL | カラス #bv0.wE12 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/163-91de5854

トラックバックについて考えた byカラス
トラックバック先から失礼します。カラスです。トラックバックについていろいろと考えてみようかと思います。さて、トラックバックといいますとブログ特有の機能です。トラックバックがリンクと違う点は、自分

2007.11.16 23:54 | よなかのとり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。