Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
理想とするコメント欄
僕も ブログ=ボトルメール、という距離感。 という認識です。ブログに文章を書くのは誰に届くか分からないボトルメールを投げてる感じ。だから、記事に対するツッコミは欲しいけど、コメント欄でのツッコミは近すぎる。自分の手の届く範囲=自分のブログ内では距離をとるアウトボクサーとして立ち回りたい。直接コメント欄という距離の近いインファイトは苦手。ツッコミの完成系を考えるなら、はてなブックマークやニュースサイトの一行コメントの方が優れていると思います。ツッコミは短く的確なのが望ましい。ツッコミにツッコミを被せる事ができないという距離感も実に良い。ツッコミへのツッコミ、つまりボケの解釈へのツッコミ=ボケの解説ほど恥ずかしいものは無い。

僕が、理想とするコメント欄は、ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd2ちゃんねる実況中継 みたいに閲覧者がボケまくっているコメント欄。閲覧者がボケっぱなしなのも良いけど、僕の場合は適宜ツッコミを入れて行きたい。自身がツッコミなだけに。ブログにブクマコメなんてしなくなればいいのに で言うところの自身の記事を元に閲覧者がコミュニケーションを取る場としてのコメント欄ですね。ただ、これは記事とブログの質に依存する気がします。また、多くのブログのコメント欄は、管理人対閲覧者という場が殆どですね。閲覧者は他のコメント読んでないことが多いんです。だから、閲覧者同士でのコミュニケーションの場になり難いのだろうな。

自分語りのトラックバック
記事に対してツッコミされるならトラックバックのほうが嬉しいです。先ず、自分の記事を発端として記事を書いてくれた事が嬉しい。また、相手のフィールドなので、応答しても良いし、しなくても良いという距離感もありがたい。トラックバックはツッコミというよりも、講釈って感じですかね。ある記事の内容を自分のフィールドで解き明かし、説明し、自身の考えを披露するという意味での講釈。つまり、ある記事を基にした自分語りなんですけど。

僕も他人のブログなどにコメントすることもあります。主に、管理人に対する質問、同意、助言、軽い間違いや勘違いの指摘、あるいは論旨の補強などを行うときでしょうか。特に、勘違いや論旨の補強はそのブログ内にあった方が管理人も閲覧者にも目に付きやすいからです。
あるいは、その話題を自分のフィールド、つまり自分のブログに持ち込みたくないから。自分のフィールドに持ち込むならトラックバックして自分語りします。その話題に対して色々意見はあるんだけど、自分のブログで語りたくないのでコメント欄でその意見を表明する。はてなブックマークも自身のフィールドに持ち込みたくないけど意見は書きたいときに利用してます。ブログのコメント欄は、はてなブックマークよりも管理人やそのブログを直接閲覧している人との距離感が近い。つまり、管理人やそのブログの閲覧者に直接自身の意見を伝えたい場合はコメント欄を利用します。何だろう、仕事を家庭に持ち込みたくないって感じかな。

コメント欄とトラックバックの距離感
ブログのコメント欄は距離感近すぎ。インファイトくらいの距離感。一つ一つ捌ける量なら、一旦離れて対応する事も可能。しかし、自身の容量を超えるとボコボコです。炎上なんてまさにフルボッコですね。コメント欄が閲覧者同士の交流の場になれば良いのですが、はてなではちょっと難しいかな。
逆に、トラックバックの距離感は心地よい。一旦相手のフィールドに持ち込まれているので、ジャブで距離を測られている感じ。それなら僕も応対しやすい。できれば、インファイトよりも距離をとって相手と接したい。そんな意味でのアウトボクサー。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/166-07d75e8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。