Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
僕は読めないと自負しております。(挨拶


さて、コメントでまず最初に重要となっていくのはコメントする「勇気」だと思います。
モジモジしてると結局書かないままで終わってしまう可能性が高そうなので。

あともう一つ重要となってくるものが「空気を読むこと」…つまり雰囲気だと思います。
コメントというのは例外を除きあれば嬉しいものです。
少なくともコメントしてくれるというのは、
何処か一部分でも読んでくれているというのが目に見える行為の表れだからでしょう。

んで、ここで例外となってくるのがスパムと空気を読めてないコメント。
まぁ空気を読めてないコメントの一部にスパムが入ってくるためスパムの事は考えないことにします。
で、空気を読めるか読めないかは、こればっかりは人がどう判断するかで大分変わってきます。
僕の場合でいうと、昔は自分が興味ある分野のブログを見つけては、
興味を引いてもらおうと躍起になってコメントを残しにいってたものです。

ただ今考えるとそれは物凄く空気を読めていない行為だなーと思うわけです。
これは僕が今も昔も変わっていないため改善しないといけないことなんですが、
コメントする場合は大抵自分が経験したことを踏まえて、それを綴ることが多いのですよね。
だから管理人さんがコメント主に対して好意を持っているのであればまた変わってくるわけですけども、
基本的に僕のようなコメントの付け方は初めてみた人からすれば、
スパムと意味合い的には何ら変わりはないと思うのです。

コメント一つでその記事…果てはブログ本体の匙加減が変わってくると考えると、
慎重に考えなければいけない行為でもある。それがコメントだと思っています。
考えすぎではないのか? というのもありますが、考えることに越したことはないと思います。
なので「勇気」を持ちなおかつ「空気を読み」コメントするということが、
結構敷居が高い行為だな
というのが改めてわかると思います。

まぁ僕の考えでわかってくれるのかは知りませんが。


今回トラックバックに関しては書かずコメントのみについて考えました。
ブログ持ちなのにトラックバックは殆どつかったことないので。
まぁ、はてなの自動トラックバックは別だけど。
あれは便利ですよ。自分のところを情報元としてくれたはてなのニュースサイターなら一発でわかります。
そう考えると管理人の考え一つでスパムトラバが意味のあるトラバに変わるのかなと今思います。
ブログって不思議ですよね。おわり。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/169-56aabefc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。