Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ニュースサイト界には三つの巨頭がある。かーずSP、カトゆー家断絶、ゴルゴ31の3サイト、いわゆるKKGというものである。今このアルファベットにSという文字が付け加えられようとしている。そのサイトの名は白い戯言。そう、時代はKKGSになりつつあるのだ。

 白い戯言の管理人の名前は白球という。サイト上では男を装っているが、その実は美貌によって男たちを飼いならす魔性の美幼女である。昨今のロリコンブームをも巧みに利用し、ある時はあどけない仕草で男を陥落し、言葉責めによって堕落せしめる。

 何を隠そう、このりんふらを立ち上げたのも、この女である。りんふらとは十数人のウェブサイト管理人を寄稿者に招いた、一個のテキストサイトである。いずれもニュースサイトやテキストサイトで鳴らした猛者揃いであり、その個性をたった一つのサイトに封じ込めることは困難である。

 ホッブズはこの世を「万人の万人に対する闘争」と称した。誰もが争いを望まないが、起こるべくして戦いは巻き起こる。それが世界というものである、というのだ。まして、曲者揃いのりんふらでは、少しでも気を抜いた瞬間に下克上が始まってしまうのだ。

 例えば、三度の飯よりスクール水着が大好きな男がいる。彼など、隙あらばりんふらを乗っ取り、スクール水着サイトに作り変えようと企んでいる。この危険な男を呼び出し、従わせるために、白球は特注の水色のスクール水着を着用したという。目的のためには、手段を選ばない。その画像がネットに流出しようとも構わない、という恐るべき心力だ。

 また、十年来ニュースサイトの運営に携わる、海千山千の王子もいる。ウェブサイト更新の様子を録画し、ニコニコ動画にアップしたこともある彼は、白球の姿をも動画に納めようと虎視眈々と狙っている。これに対し白球は、幼い声音を使ってライトノベルの読み聞かせを行うという、懐柔と自らの勉学の両方を兼ね備えた奇策を取った。このレアリティの高いファイルは、残念ながらアップされることもなく、男のハードディスク内部に大事に保管されているという。

 実をいえば、手練手管によって男を篭絡し、アクセスアップを狙う女性管理人は少なくない。名誉欲しか満たされない黎明期のインターネットでさえそうであった。アフィリエイトやアドセンスなどアクセスを金銭に換えられる現在のウェブでは、その価値は計り知れない。

 白球がこれらの管理人と一線を画すのは、その莫大なアクセス数を他の何にも還元しようとしない姿勢である。数多の報酬を得ることが可能であるにも関わらず、月々のお小遣い300円で満足しているというのである。しかも、これらのお小遣いは兎の貯金箱に貯められ、老後の生活の足しにするという。幼女にして、並外れた人生設計である。

 ことほど左様に、白球は並外れた能力を有する幼女である。ところが、先日筆者はある情報を耳にした。白球という幼女は存在しないはずだ、と言うのだ。少なくとも、この世には。そう、白球とは大正の時代、ある旧家に生まれた子供の名であるらしい。幼くして亡くなった幼女の亡霊が電子回線を渡って、サイトを開設しているのだ。

 KKGがKKGSになりつつある、と冒頭で書いた。新たに付け加えられたSとは、ウェブ上に刻まれた一つの墓標なのである。長くは生きられなかった、悲しい幼女の名前。彼女の名前は永遠にインターネットに刻まれることであろう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/172-d30a8611

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。