Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「Lingua furanca.」というブログで追悼文がどうのこうのという話題を見た。
ここで書かれているのは幻想に過ぎない。
本当に死をいたんで悲しんでくれる人などはリアルでの付き合いがあるホンのひとかけらだ。
もしこんな俺が仮に死んだとしたら何が残る。
誰も取り扱い方法を知らないだろうから過去ログは残るだろう。
過去ログを見たところで見るに耐えないものばかりだ。
ちくしょう。内輪だからあんなこと書けるんだよ。
こんな僻みも届かないおめでたい野郎なんだろうな、きっと。


…。


……一度でいいから、こんな風にちやほやされたかったな。
あー、楽しくブログを書いてた頃が懐かしい。
今となっては惰性による産物だ。
こんなもの見ても何の得にもならない。


…何もかも捨てよう。
これが孤独な管理人による孤独な追悼式なのさ。
さようなら。もう悔いは無い。




翌日からその管理人のブログにはこう記されていた。

ご指定のページが見つかりません。
URLをもう一度お確かめ下さい。
スポンサーサイト

死ぬ直前で全てを消す。

それが一番いいのではと、私は思います。

2007.12.13 22:24 URL | cibo #0iYhsilk [ 編集 ]

コメントどもです!
死ぬ直前だと消すとかそういう問題じゃないとかいうのは野暮ですかね?(殴

ということでこういう心理状況もあるんではないかなというのを込めてこう書きました。
色々あるということで。(ぁ

2007.12.13 22:55 URL | 白球 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/178-eef781a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。