Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お久しぶりです、痕跡症候群の水瀬です。
今回でリンフラが一旦休止とのことで、皆さん感想を一生懸命書いているようですね。
さて、そんな私はりんふら設立時から何が振り返ってみましょうかね。
設立時の裏話なんかを語っていきたいと思います。


~りんふら設立前のお話~
白球「何かやりたいんすよー、何かー。水瀬さんも一緒にやりましょうよ!」

そんな一言からりんふらが始まりました。
当時の白球くんは「やりたいけど、うまくやれるのかな?」と不安がってました。
うじうじ悩むだけで中々企画が前に進まないという状況でした。
そんな私は一計を案じ、「とりあえず白球を脅迫してみるか!」とのことで某管理人さんと白球くんを脅迫。
こうしてりんふらは動き出しました。
正直、あの時の白球くんは見ていて不安でした(笑)


~りんふら開始時のお話~
何とか動き出したりんふら。
やはり白球くんにとっては始めての企画で、当初の彼は戸惑ってばかりいました。

白球「あー、これどうしましょう?」
白球「わかんないです><」
白球「皆、僕の言うことを聞いてくれるんだろうか?」
白球「水瀬さん、何か良い意見あります?」

おいおいりんふらの主催は私か?と思うようなことが多々ありました。
そんな彼に返す言葉は「お前は暴君だろう?やりたいままにやれ!」だけでした。
その私の言葉が「白球帝国」という単語を作り出すとは当時は予想もしておりませんでした。
ちなみに余談ですけど、白球くんは「白球帝国」とか「白球帝王」とか呼ばれるのがあんまし好きじゃないみたいです(笑)


~りんふら発展時のお話~
果たしてりんふらが発展したのかどうかはわかりませんが(苦笑)
私が「いろんな人をライターとして加えて別の味を出してみないか?」と提案して、りんふらはいろんな人種を吸収していきました。
いろんな考えが飛び交って面白かったのですが、ちょっとグダグダになっちゃったかなぁ…とか反省。
私も中々書けなくなって、白球くんに助言することは殆ど無くなりましたが白球くんはその時、立派にりんふらを運営しておりました。


~りんふら終末時のお話~
始まりがあれば終わりもある。
人が沢山集まれば、それだけの考えと価値観がある。
あ、ちなみにメンバー同士の衝突は無かったのであしからず、あくまで私が見ていた範囲ですけどね。
白球くんの中では「今のりんふらはこのままでいいんだろうか?」という考えがあったようです。
そこでメンバーと話し合った結果「りんふらは終わりではなく一旦休止」という形になったのです。


~りんふらは白球くんの成長物語~
さて皆さん、りんふらはどうだったでしょうか?
「いろんなテキストが読めて面白かった!」という方もいれば「それはどうかと思う!」と思ってる方もいるでしょう。
しかし、この企画は「白球くんの成長物語」だったのです。
人と一緒にやる企画、彼はいろんな意味で大変だったでしょうね。
白球くんにとっては良い経験になったのではないかな?と思っています。
りんふらは一旦お休みしますが、白球くんのことですからまた何かやるでしょう。
その時は絶対に私を誘うなよ…もういっぱいいっぱいです(笑)
次回のりんふらセカンド(?)は白球くんの立派な姿を垣間見ることが出来るでしょう。
それでは皆様、お疲れ様でした。

白球くんも本当にお疲れ。
この経験が後の君の人生に繋がることを祈ってます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/192-e362ac2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。