Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 はじめまして、犬と言います。縁あって、りんふらに参加させてもらうことになりました。よろしくお願いします。
 さて、今回のお題は「リアルとサイトについて」ということですので、僕がサイト運営に携わるようになって感じたことを自己紹介も絡めて、書いていきたいと思います。
 まず、僕の関わっているサイトについて。僕は「Diary of Hopeless Sinner」というサイトのスタッフをしています。ここはhopelessという方が始めた、主に2chの面白いスレッドをまとめるサイトです。僕は、こちらの五人目のスタッフということになります。ちなみに、面白いスレッドというのは、「猫の匂いを嗅ぐのが好きな人数@犬猫大好き」や「結婚適齢期を過ぎた人から誰か紹介してって言われる」といったものを指すので、一般的に面白いと思われるものとは違う可能性も多々あります。
 僕は去年の十月頃からスレッドをまとめるようになったのですが、この前後で私生活の変わった部分が幾つかあります。まず、一つ目は2ch関係の話題に非常に敏感になった、ということです。先日書店に行くと、本を探す女性がいました。ある本が置いてあるか、と熱心に店員さんに尋ねているのです。その本のタイトルは『泣ける2ちゃんねる』。僕は表情が変わらないよう、必死でした。ご存知の通り、『泣ける2ちゃんねる』は2chのレスをまとめ、書籍化したものです。『電車男』や『姉ちゃんの詩集』など、世には2chの書籍化が溢れています。僕のようなサイト管理人にとって、それらの本は一種の地雷なのです。もちろん、まず、間違いなく、うちのサイトが書籍化することはありません。しかし、『泣ける2ちゃんねる』とうちのサイトに、本質的な違いはないと思うのです。僕が普段やっている作業の延長線上にあるものを、眼前で求める人がいるのです。しかも、熱烈に。もう少しで、「よかったら、僕がまとめましょうか?」と口走るところでした。
 また、こういう生活、サイトの管理が人生に入り混じった生活をしている僕は、当然ながら出先でもスレのチェックを欠かしません。新たな板の発見、面白いスレッドの捜索を、ほんのちょっとした時間の隙間にやってしまうのです。例えば、腹痛に見舞われた時です。抜かりない僕は、いつでもカバンに文庫本を一冊は入れています。電車の移動など、暇な時間にはすかさず取り出して、凌ぐのです。ですが、さすがの僕も駅やデパートのトイレで文庫本を広げ、優雅にふんばりながら排便などしたくありません。かといって、下半身を丸出しにしたまま、漫然と時間を潰すのも忍びない。そういった時に、僕は2chの海へ旅に出るのです。念のために書いておきますと、こういった事情と、僕がサイトで尻から出るものに関するまとめを五つも作ったことには何の関係性もありません。本当です。
 ところで、僕は既にあるスレッドから面白いものを探すという作業を基本としております。具体的には、何かありそうな板を開き、面白そうなタイトルをクリックしてみます。しかし、時には特定の板で特定の話題について語って欲しい。そういう欲が芽生えることがあります。例えば、創作文芸板でゴキブリについて語って欲しい、物理の住人にバナナの皮を考察して欲しい。そう思うこともあるのです。この欲に負け、一度だけVIPにスレを立てたことがあります。期待通り進んだら、まとめよう。そう思っていました。けれども、この壮大な自作自演は十数分後にdat落ちし、あえなく失敗しました。僕は重大なこと忘れていたのです。そう、VIPPERはクオリティの高いスレしか相手にしてくれないのです。ふう。
 最後に、サイトを管理するようになって、恐れるようになったことを書いておきます。それは、サイトバレです。古今東西、様々な管理人がサイトバレの恐怖について語ってきましたが、ご多分に漏れず、僕にもその恐怖が襲いかかってきたのです。例えば、東京近郊の美味しいカレー屋についてのサイトであれば、何ら恐れることはありません。だから、そんなに太るんだとか何とか、その程度のことです。また、ブラジルで取れるサボテンの樹液から作る酒を熱く語るブログでも、全く問題はありません。だから、年中フラフラしてるんだとか、それくらいのものです。しかし、悪名名高い2chに陣取り、下半身についてのネタが妙に多いサイトはダメです。これは、社会的名誉に関わります。涼しい顔をして、内心では下ネタばかり考えている人だと思われてしまいます。実際はそんなことないのに。
 以上が、サイトに関係するようになった僕の、リアルです。楽しんでいただけたら幸いです。もしリアルな人が読んでいらっしゃったら、静かにブラウザを閉じて下さい。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://linguafuranca.blog97.fc2.com/tb.php/98-be4c155e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。