Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この世にはなんでも突っ込みたがるやつがいます。特に、幼児向け番組や子供向けアニメ等を見て突っ込んでいるやつの片腹痛いことと言ったら。まあそれはいわゆるところの中二病というやつでありまして、そんな輩はこの際ほっておきましょう。

その昔、前世紀を代表する大哲学者ニーチェは言いました。人生には3段階がある、と。

第一段階はラクダです。ラクダの段階にいる人、すなわち若人は、砂漠でひたすら労働に耐えるラクダのように、地道に忍耐して努力をしろということです。若い間は先人の言葉に耳を傾け、多くの書物を読んで多くの知識や智慧を身につけていくことが大切なのです、この段階で何でもかんでも批判して突っ込んでいると、思わぬところで自らの知識のなさを露呈してしまい、大恥をかくことが多いかもしれません。

第二段階はライオンです。若い間に多くの知識を身につけたなら、ただ知識を吸収するだけの姿勢から脱却して身につけた知識や他人の見識を批判する姿勢を身につけねばなりません。そのことにより、ラクダの段階で身に付けた知識を補強するだけでなく、さらに多くの視点からの見方を身につけることができます。

そして最終段階たる第三段階は、赤ん坊です。やはり物事を批判しているだけでは、その知識や智慧を鍛えて強いものとすることはできるでしょうが、新しいものを創造するのには不向きです。そこで赤ん坊のような純真で柔軟な心なんだそうです。


まあここまで言っちゃ私が何を主張したいのかわけわかりませんが、とにかく、自分をボケとか突っ込みとかに固定するのではなく、人生のそれぞれの場面において柔軟に自分を切り替えられる人が最も素晴らしい生き方をするのだということです(テラ強引
さて今回のお題は「あなたはボケ?それともツッコミ?」です。

まずはごくごく普通の反応をしてみると、あるときはボケあるときはツッコミ、と状況に応じて使い分けしています。

会話に誰が参加しているか、その会話の空気はどうか。ツッコミ役かボケ役か。空気読みつつ慎重に自分の役割を決めています。

お客様との打ち合わせの場でも、社内ミーティングの場でも、友人と飲んでいるときも、ネット上でのやり取りもこれで大抵しのいでいると思います。



しかしただ一人、これが通用しない人物がいます。ヨメです



会話の合間にボケでも挟もうものなら

(理想)「何言うとるんよー」

(ヨメ)「何言うとるんよ」

こうです。俺渾身のボケが華麗にスルーされるんです。
空気は文面から感じ取って頂ければ幸いです。



ヨメが料理でミスったときにちょっと茶化したことがあるのですが

(理想)「もう二度と作らんけんねッ/////」

(ヨメ)「もう二度と作らんけぇ」

こうです。重い空気が感じ取れますでしょうか。
ちなみにこの後2日間ほどおかず出てきませんでした



私のボケ&ツッコみ方が悪いんでしょうか。
それとも私の理想が常人の斜め上を行ってるんでしょうか。


このヨメの攻略法を探し続けてもう10年近く経ってしまいました。
まだまだ攻略法は見つかりそうにありません。どうすればよいのでしょうか。






とりあえず、




攻略法を探し続けたいのでずっとそばに居てくれませんか。
今回のお題は「あなたはボケ?それともツッコミ?」ということですが、
ぶっちゃけ僕自身は強いて言うなら「ボケ」。
が、こういうのは端的に決めれないと考えております。
何故かというと、いる人の属性によって大きく変わってくるからです。


話を少し変えるんですが、似てないようで似てる関係に「サド」と「マゾ」があります。
このことに関していうなら僕ははっきり言って「マゾ」の属性の方が強いです。
実際過去にそんな類の話になったとき、僕は「マゾ」と断言されたくらいです。
そこで「サド」と「マゾ」ってどう判別するの?となりますが、やっぱりそれは個人個人の言動や行動から来る雰囲気でしょうね。
僕なりの考えだと強気な発言等が出来る人ほど「サド」属性が高く、
僕のようになよなよしたような弱気な感じの人ほど「マゾ」だと思っております。


つまりこの関係から察すると、「マゾ」=「ボケ」、「サド」=「ツッコミ」という法則が成り立つと感じます。


しかし、この考えは時に乱れる時ももちろんあります。
例えば、サイトの炎上なんかが乱れる例にとてもよく当てはまります。


【GONZO】アニメ「ぼくらの」の森田監督、「原作が嫌いです。原作ファンは見ないでください」
つい先日の話ですが、こんな記事を巡回してる時に見かけましたが、立派な炎上です。
これは強気な発言をしてしまってる時点では、属性としては立派な「ツッコミ」でしょう。
しかし、それと同時にその内容から何かしらの矛盾点などを発見されるとたちまち「ボケ」という立ち回りになってしまいます。


このように無理矢理例を出して当てはめてみたわけですが、
結局言いたいことは一概にはこれだ!といえる要素があったところで、立ち回り次第ではどっちにも転がる可能性を秘めています。
つまりは自分で「ボケ」か「ツッコミ」を断定するのは難しい。これが結論です。



けど、「サド」と「マゾ」だったら間違いなく僕は「マゾ」だと言い切れそうで怖いのは何故なんだろうか。
ここら辺の因果関係をはっきりさせたいところですが、
はっきりさせたらさせたらで、今後の僕の立ち回りが断定されかねないのでここら辺で終わりたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。