Lingua furanca.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ウェブ上でのコメントには3つの視点がある。

1.相手に自分の意見や感想、想いを届ける

私からアナタへ。これがいわゆる普通のコメントだろう。ここでは純粋なコメントとでも言った方が良いだろうか。電子メールで届けるコメントはこれに当てはまると思う。相手だけに届けるメッセージ。しかし、ウェブ上でのコメントでは、相手だけでなく第三者も目にするのである。

2.第三者に自分を見せるコメント

“第三者に見せる自分”に気を配ったコメント。ハンドルネームなど、ある程度個人を特定できる名前を使う人には、これを意識した発言がみられる。その中でも2つあり、自分を良く見せようという想いと、自分を悪く見られたくないという想い。特にネット上では、自分の悪い部分を隠すことができるため、理想の自分を作ろうとする人がいる。そのために、まわりからの評価を気にしすぎた発言になってしまう。

3.相手を第三者に見せるコメント

揚げ足取りと言えばすぐに通じるだろうか。これは特に匿名コメントで多く、自分の発言によって相手が他の人に低く見られるようにするものである。もちろん、その逆もあって相手を持ち上げるためのコメントをする人もいるだろう。相手の主張がまるで悪いこと/良いこと/当然であることを言っているように、第三者が相手の記事を読む際の視点を限定すようとするものだ。私は、空気を変えるコメントと呼んでいる。


自分の発するすべての言葉について、3つの視点からどう思われるのかを考える機会なんて無いだろう。むしろ、そんなことを考えていたら何も発言できなくなってしまう。しかし、この体験は一度はしてもらいたい。自分の発言がどのような影響を及ぼすのか、自分の発言によって「相手に何が伝わるのか」「自分は第三者にどう思われるのか」「自分の発言を受けた相手は第三者にどのように思われるようになるのか」を、人狼BBSを通して学んでもらいたい。

最近で言うならば、ニコニコ動画やTwitterには、空気を読み合う楽しさや空気を作っていく楽しさが全面的に出ている気がするが、本当におもしろいことは空気を第三者に変えさせることなのだ。これを味わったら、もうコミュニケーションゲームから抜け出せなくなるだろう。


さて。個人ニュースサイトでは、ニュースの紹介とともに一言コメントを書くサイトも多い。これも一つのコメントである。しかし、紹介する記事に直接書くわけでなく、自分のサイトに書くコメントであるため、書き手へのコメントよりも自分語りや自分のサイトの常連さん向けのコメントを書く事が多い(2番、3番が中心)。

しかし、それは非常にもったいないことをしていると思う。

実際、自分の記事を紹介してくれたニュースサイトのコメントは、ニュースサイトの管理人が思っている以上に読まれている(と思う)。だから、もっと書き手にアピールしても良いのではないか。これは私が公式ニュースより個人の書いたものを取り上げるサイトだから余計に思うことかもしれないけれど、やっぱりニュースサイトというものは素晴らしい記事を書いてくれた人によってサイトが成り立っているわけだし、そこに一番の感謝というべきコメントを贈りたいなって思う。

自分が興味があって紹介している記事なんだから、記事を書いた人も自分が紹介する他のニュースに興味があると思う。書き手は、コメントに喜んだとき、コメントを書いた人に興味を持つ。そこで自分のニュースサイトにも興味を持ってくれたら、すごくうれしいもん。

書き手へ向けたコメントって、記事をしっかり理解しないと検討ハズレなことを言ってしまい、逆効果になってしまうこともあるし、何より数多くのニュースを目にするニュースサイトの管理人にはそこまで読み込むのは難しいかもしれないけれど、もしかして喜んでくれるかもしれないって思うと、私はその書き手の笑顔を想像しながらコメントがんばっちゃいます。

一行のコメントにも全力を!
理想とするコメント欄
僕も ブログ=ボトルメール、という距離感。 という認識です。ブログに文章を書くのは誰に届くか分からないボトルメールを投げてる感じ。だから、記事に対するツッコミは欲しいけど、コメント欄でのツッコミは近すぎる。自分の手の届く範囲=自分のブログ内では距離をとるアウトボクサーとして立ち回りたい。直接コメント欄という距離の近いインファイトは苦手。ツッコミの完成系を考えるなら、はてなブックマークやニュースサイトの一行コメントの方が優れていると思います。ツッコミは短く的確なのが望ましい。ツッコミにツッコミを被せる事ができないという距離感も実に良い。ツッコミへのツッコミ、つまりボケの解釈へのツッコミ=ボケの解説ほど恥ずかしいものは無い。

僕が、理想とするコメント欄は、ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd2ちゃんねる実況中継 みたいに閲覧者がボケまくっているコメント欄。閲覧者がボケっぱなしなのも良いけど、僕の場合は適宜ツッコミを入れて行きたい。自身がツッコミなだけに。ブログにブクマコメなんてしなくなればいいのに で言うところの自身の記事を元に閲覧者がコミュニケーションを取る場としてのコメント欄ですね。ただ、これは記事とブログの質に依存する気がします。また、多くのブログのコメント欄は、管理人対閲覧者という場が殆どですね。閲覧者は他のコメント読んでないことが多いんです。だから、閲覧者同士でのコミュニケーションの場になり難いのだろうな。

自分語りのトラックバック
記事に対してツッコミされるならトラックバックのほうが嬉しいです。先ず、自分の記事を発端として記事を書いてくれた事が嬉しい。また、相手のフィールドなので、応答しても良いし、しなくても良いという距離感もありがたい。トラックバックはツッコミというよりも、講釈って感じですかね。ある記事の内容を自分のフィールドで解き明かし、説明し、自身の考えを披露するという意味での講釈。つまり、ある記事を基にした自分語りなんですけど。

僕も他人のブログなどにコメントすることもあります。主に、管理人に対する質問、同意、助言、軽い間違いや勘違いの指摘、あるいは論旨の補強などを行うときでしょうか。特に、勘違いや論旨の補強はそのブログ内にあった方が管理人も閲覧者にも目に付きやすいからです。
あるいは、その話題を自分のフィールド、つまり自分のブログに持ち込みたくないから。自分のフィールドに持ち込むならトラックバックして自分語りします。その話題に対して色々意見はあるんだけど、自分のブログで語りたくないのでコメント欄でその意見を表明する。はてなブックマークも自身のフィールドに持ち込みたくないけど意見は書きたいときに利用してます。ブログのコメント欄は、はてなブックマークよりも管理人やそのブログを直接閲覧している人との距離感が近い。つまり、管理人やそのブログの閲覧者に直接自身の意見を伝えたい場合はコメント欄を利用します。何だろう、仕事を家庭に持ち込みたくないって感じかな。

コメント欄とトラックバックの距離感
ブログのコメント欄は距離感近すぎ。インファイトくらいの距離感。一つ一つ捌ける量なら、一旦離れて対応する事も可能。しかし、自身の容量を超えるとボコボコです。炎上なんてまさにフルボッコですね。コメント欄が閲覧者同士の交流の場になれば良いのですが、はてなではちょっと難しいかな。
逆に、トラックバックの距離感は心地よい。一旦相手のフィールドに持ち込まれているので、ジャブで距離を測られている感じ。それなら僕も応対しやすい。できれば、インファイトよりも距離をとって相手と接したい。そんな意味でのアウトボクサー。
 今回のお題は、「コメントとトラックバックについて」という事で、過去に何度か書いているので被る面が多々あるのですが、纏め直してみようと思います。

 テキストサイトをやっていて、そこからブログサービスを利用するようになって感動したのが、記事毎にコメントとトラックバックが書ける事でした。その際にこの二つをどう使い分けようかと考えた際に、次のようになるかなと考えていました。

 コメント:書き手と読み手のやり取り
 トラックバック:書き手と書き手のやり取り

 つまり、コメントは何か書いてある文章に対して、一読者として思う事をその文章に対して書く機能であり、トラックバックは、何か書いてある文章に対して、読者でありつつも一書き手として、自分の意見を文章に纏めて自分のブログに掲載し、それを相手に伝える機能だと考えた訳ですね。

 実際に、私はそう理解していて、そのように使っている事が多いです。ただ、コメントについては、私が思う事を書く際に、やたら短文になる時は、トラックバックではなくコメントにする事もありますので、その辺りは臨機応変といった所でしょうか(笑)。基本的にコメントも好きですし、元記事の書き手にすぐに分かるというメリットがあると思っています。

 ではトラックバックはというと、上記の考え方でやっているのですが……逆にトラックバックを貰う場合、私の書いた文章をきっかけに更に別の文章が出来たりすると、元記事を書いた者として嬉しいやら悔しいやらといった気分になります(笑)。それが私の文章よりも段違いに面白いと……(笑)。でも、それが楽しいんだとも思ってるんですよね。

 サイト時代は書いたら書きっ放し……たまに掲示板やメールで感想を貰ったりしましたが、そこから更に展開してどうこうという事はほとんどありませんでした。でもブログではコメント・トラックバックの機能によって、文章単位に広がりが出てきたように思います。

 これはもう書いていて非常に嬉しい事です。何せ元は自分の文章でも、そこから広がっていく事で、その展開された文章を読んで、こちらが刺激を受けて次の文章を書く事だってある訳ですから。

 それまではそれぞれのサイトが存在し、リンクでしか繋がっていなかったのに対し、ブログが出てきた事で、文章単位のコメント・トラックバックという新しい繋がりが生まれました。サイト単位では無く、文章単位での繋がりが生まれた訳です。そういう意味では、このコメントとトラックバックは、ネットでの繋がりのあり方を変えるだけの力があったのではないかと思っています。

 積極的にコメント・トラックバックをするようにしていますが、それはそうやって色々な繋がりが出来ていく事が嬉しいからですかね。私のブログにもそうやって色々とコメントやトラックバックを頂けると、嬉しい限りです(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。